e0339960_15282119.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4

 晴れの日続きのこの頃、本日もまだ午前中というのに30度?近くまで気温は上昇!

 天気は良し、ジムはお休み、家に居る手はないとの思いで、近郊のドライブとしゃれこみ、車の鼻先を芦屋方面に向けて走らせてみました。

 遠賀川の堤防をひた走り、川ではボート競技の練習風景が目に留まり、しばし車を路肩に寄せてぼーっと見ていました!

 見てるだけじゃ芸はない、少し広い駐車スぺ-スに車を停めて河川敷まで駆け下りて・・・

 甲高い声が響いていると思いきや、このチ-ムは全員女子だったのです!

 遠目では顔かたちは分からないまでも、懸命にオールを漕いでいる姿は男顔負け! 風はなく川面は静かで、心地よい汗を流したに違いありません。

 そのまま進むと芦屋の海に出ます。水は澄み潮風も心地よく、近郊ドライブもたまにはいい・・・

 
e0339960_15475196.jpg
休日の遠賀川
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4

e0339960_15491048.jpg
海も静かなり・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4

e0339960_15495662.jpg
岩場で戯れる若い?カップル
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4

e0339960_15511239.jpg
こちらは親子連れ・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4

e0339960_15520867.jpg
暫く来ないうちにこんなものが出来ていました!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4


[PR]
# by junkboxhiko | 2017-05-21 15:54 | Comments(0)

e0339960_15085481.jpg
 Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4


 最近ブログアップを怠けていたHikoさんですが、その気になって久々のアップは、日課の早朝散歩のスナップ写真です。

 以前は毎日のようにカメラを提げての散歩でしたが、同じコ-スには同じような風景しかなく、ついカメラを持ち出すのも億劫になって、手ぶらの散歩が続いていました。

 同じコ-スでも季節の移ろいは進み、つい先日まで気づかなかった団地のフェンス越しに伸びたバラが見事にさいているではありませんか!

 気が付いた時にはカメラは持ち合わせてなく、次の日、早速カメラを提げての散歩となり、本日のショットという訳です。

 光線の具合は最初に観た時とは微妙に異なり、すべからく写真というもの、観て感じた時が一番で、撮り直しは問題外との感を抱いた瞬間でした!

 


e0339960_15255524.jpg
団地のフェンス越しのピンクのツルバラ
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4


e0339960_15272983.jpg
のどかな田園風景
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4






[PR]
# by junkboxhiko | 2017-05-20 15:33 | Comments(0)

e0339960_15520774.jpg
RICOH CX3

 大型連休の最終日、仕事の事で言うと毎日が連休の筈のHikoさんですが、ジム通いや検診日などはそれなりに平日を中心に予定を組んでいて、休日ともなるとその予定はおのずと外れ、気持ちもお休み気分になります。

 連休中の遠出は混雑の事を考えて極力控え、予てより試作中の軽キャンパ-の出動も近場の日帰り程度で済ませました。

 先日、英彦山での日帰りアウトドア-体験から、後部ドア-利用の調理場?に改良の余地ありの意見を受けて、調理台にサイドテ-ブルを取り付ける事を思い付き、早速実行に移しました。

 メインテ-ブルに小さな穴を掘ぎ、コンパネ板にイボを2か所取り付けて、片方は百均で調達した突っ張り棒に細工を施し、簡単取り付け簡単取り外しの出来るシンプルテ-ブルですが、これがなかなか使い勝手が良く好評でした。

 で、すべて本番同様に設営から食事の準備、撤収までのシュミレ-ションしてみたところ、やっぱり、足りないもの、収納場所の配置の問題などが見つかりましたが、おおむね良好と言ったところで、あとはHikoさんの体力が問題と言ったところでしょう・・・


e0339960_16224852.jpg
1枚板の調理台のサイドに、直角にサイドテ-ブル設置
RICOH CX3


e0339960_16323739.jpg
サイドテ-ブルの使い勝手は良好なり・・・
RICOH CX3

e0339960_16352754.jpg
本日のメニュ-はとれたてのピ-スご飯ほか
RICOH CX3


e0339960_16371609.jpg
イッタダキマ~ス・・・・
RICOH CX3



e0339960_16471894.jpg
本番に向けてのシュミレ-ション
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4


 

 

 

 

[PR]
e0339960_17275371.jpg
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4


 今年の春のGWは民宿家業はお客の都合で閉店に追い込まれました。年中行事の民宿も閉店となると、女将も亭主も拍子抜け!

 その分自分たちを楽しませる企画を立てて、遊び車の活用で、アウトドア-ライフを試みました。

 アウトドア-と言っても近場の英彦山まで移動して、適当なところにそれらしい形を作って、焼き肉でもやってみようとの目論見です!

 連休とは言え思ったほどの混雑はなく、目論見通りの焼き肉はうまい具合に焼けて、お腹は食べ放題の焼き肉店並み・・・

 残念なのは唯一、BEERはもどきのノンアルコ-ルです。何故って!?同行の2名は運転免許はベテランクラスですが、オ-トマに慣らされた感覚は、マニュアルシフトは苦手のようです。

 春の陽射しに照らされた新緑は息をのむほどの鮮やかさ、それに加えて、シャクナゲはやや花時季を過ぎてるものもあるものの、ほぼ満開で出迎えてくれました。

 帰り道、途中の道の駅に立ち寄り買い物をしている最中に、いままで、春の行楽日和を演出していた、空の状態が一変して、一転にわかに掻き曇りヒョウ混じりの激しい雨に見舞われましたが、最近は変わりやすいのは秋の空だけじゃなく、春の空も仲間入りしたようです。

 BEERは飲めなかったけれど、食べ放題の焼き肉と、花と新緑を満喫できた日帰りアウトドア-ライフの一日でした!


e0339960_17532854.jpg
アウトドア- 途中で買い込んだ上等な肉?は食べ放題・・・・
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4


e0339960_17551756.jpg
息をのむほどの新緑と・・・
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4


e0339960_17562107.jpg
満開のシャクナゲ!
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4


e0339960_17570745.jpg
スロ-プカ-も行ったり来たりで忙しそう・・・
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4











[PR]
# by junkboxhiko | 2017-05-03 17:58 | Comments(6)
e0339960_17035845.jpg
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4

 つい最近から、朝の散歩は気分転換にルートを変えて近くの団地の中を歩いています。団地が出来る前は里山風の雑木林だったところを、記憶を辿りながらの散歩も新鮮味が有ってなかなか楽しく、それなりのアップダウンもあって、平坦な農道コ-スに比べると同じ時間を歩いても運動量はかなり多く感じます。

 団地の切れ目の見晴らしのいい場所に立つと、原風景を感じさせる景色が広がっています。

 この場所からの風景は団地が出来ても以前のままの姿をとどめており、早朝の金剛山には春霞、カメラを構えたHikoさんのすぐ脇にはニセアカシヤの白い花が咲き誇り、気分も爽やかなり・・・

 こうして見ると、時々はル-ト変更もなかなかいいものです。


e0339960_17261943.jpg
ニセアカシアの白い花(花は藤の花に似ていますが・・・)
Sony α100 ・AF MINOLTA 24-50 4






[PR]
e0339960_16355154.jpg
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50

 毎年この時季、北九州市の香月町吉祥寺において、藤祭りが開催されており、いつの頃からは定かではありませんが、Hikoさんが幼少の頃から「キッチョさんの祭り」というのが有って、それが今に継承されております。

 戦後の子供の頃には大した楽しみもなく、直方市の多賀神社の祭り、「お多賀さん」と、この「キッチョさん」が唯一の楽しみだったように思います。

 わずかばかりのお小遣いを貰って出かけて、出店の綿菓子や金魚すくい、当時はお化け屋敷やサ-カスもやって来ていたように思いますが、限られた予算の中でこれらを選択して楽しむ事が唯一の娯楽だったように記憶しています。

 時の経過と共に祭りの形態も多少は変わって来はしましたが、吉祥寺の藤だけは今まで通り健在です。

 故郷を離れて各地に散らばった同級生諸君にも今年の吉祥寺の祭りの様子を届けたいとの思いでブログを通じてお報せします。


e0339960_16575424.jpg
今年も見事に花の房はさがりました
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_16592736.jpg
お参りすることも忘れずに・・・
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17015740.jpg
古色を帯びた古株は保存樹に指定されています。
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50



e0339960_17032598.jpg
境内では大正琴の演奏も・・・
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50

e0339960_17050777.jpg
参道の出店の様子、好天にも関わらずこの時間帯は人出は疎ら
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17064099.jpg
同級生諸君には見覚えのある顔! この人が祭りの実行委員長であります。
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50







[PR]
# by junkboxhiko | 2017-04-28 17:10 | Comments(2)
e0339960_19571448.jpg
階段式2段ベット、天板はテ-ブルにも使用できます。
RICOH CX3


 Hikoさんのかねてからの夢でもあった、キャンピングカ-で気ままな旅を楽しみたいと言う願望は、遅まきながらではありますが夢は捨てきれずに、いま流行りの軽キャンパ-を造ってみようと企てて、軽自動車のワンボックスカ-、いわゆる軽ワゴンの調達から始まり、この程、軽キャンパ-の制作に取り掛かりました。

 制作と言っても、車検や整備の時の事を考えて、床の点検口は塞ぐわけにはいかないので、すべての装備が取り外しが出来る様にしなくちゃなりません! そこで、造り付けは止めにして、半固定式にしようと考えました。

 最大の目的は居住空間をいかに広くとって、就寝時に快適な眠りにつけるかですが、2名がそれぞれ安眠をと考えた時に、横の人の気配を和らげる階段式2段ベット方式?を採用しました。上段のベットはテ-ブルにも転用できる仕組みです。

 上段のベットの基礎(脚)は必需品の収納も兼ねるホ-ムセンタ-で売っていた衣装ケ-スに目をつけて、適当な奥行きと高さの物を買い求めて、床面に均し材として敷いたコンパネの上に置いて、その上に塗装を施したコンパネ製の天板を置くだけの簡単な仕組みです。

 一見ひ弱そうに見える衣装ケ-スも4個並べて置けば強度は十分、体重70キロを超えた大人が乗ってテストしても十分持ちこたえます。床には有り合わせのござを敷いて・・・・

 これでいつでも最低限の行動開始は出来るのですが、キャンプと言うからには煮炊きが出来る調理台も必要と考えて、後部ドア-を開けて、コンパネの切れ端を塗装して、片方は車の床材の上に掛けて、もう一方はカメラの三脚を利用して、いわゆる三点支持で持たせると言う考え方で、板一枚の調理台の完成です。

 煮炊きに必要なガスコンロは風には弱く、対策が必要です。そこで、百均で調達したマグネットフックでブル-シ-トを跳ね上げた後部ドア-に吊るして、風よけとプライバシ-の確保と一石二鳥のアイディアです。

 小さな車の空間を最大限利用して、快適な居住スぺ-スもなんとか確保出来、あとは実践あるのみ・・・・

 なお、母体となった軽ワゴンは、車内の広さは軽自動車ではトップクラスで、半年かけて探し出したスバルサンバ- ディアスワゴンです。


e0339960_19561978.jpg
使い終えたコンロや薬缶はケ-スに収容します。調理台の片方は床材の端っこに引っ掛けて・・・
RICOH CX3


e0339960_20531865.jpg
後部ドア-を跳ね上げて、マグネットフックでブル-シ-トをつるし、即席調理場の完成!
RICOH CX3


e0339960_20551900.jpg
調理台の反対側の脚にはカメラの三脚を流用!
RICOH CX3


e0339960_20565710.jpg
水タンクや折り畳み腰掛は床下収納
RICOH CX3



e0339960_21160362.jpg
軽キャンピングスタイル?の後ろ姿
RICOH CX3







 

 

[PR]

e0339960_16034895.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 昨晩は雨風強く、大荒れの春の嵐で雨量もかなりのものでした。地域によっては工事用のクレ-ンが横倒しになり水道橋を直撃するなどの被害も出ているようです。

 この時季は雨によっての恵みもあり、雨上がり、裏の竹藪を覘いて見ると、予感的中!タケノコがあちこち頭をもたげているではありませんか!まさに「雨後の筍」とはこの事!

 タケノコ好きの友人に早速電話連絡、おっとり刀ならず、おっとり長靴姿で現れた彼と旬の恵みを分かち合い、彼も掘った分を知人たちにおすそ分け・・・

 今年はタケノコの出具合は裏年とかで少ないらしくタケノコの本場でも生産量がかなり減少と言う事の様で、市場価格も例年に比べやや高値らしい・・・

 最近ではタケノコ堀もHikoさんの年中行事の一つとなりにけり!
 これが終わるとセミの声、暑い夏が控えています。


e0339960_16235064.jpg
チョコンと頭をもたげた雨後の筍
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16245509.jpg
土をかき分けて根元を狙います。
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16254781.jpg
この位が丁度いい食べごろです。
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16270691.jpg
収穫の瞬間!(これはちょっと小振りでしたか・・!)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55





 

[PR]

e0339960_15191342.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 気温も上昇して小春日和になったこの日、急遽思い立って(急に思い立つことの多いHikoさんです)福智山ダムの駐車場の横に植えてある桜が気になり、近くのホカ弁屋さんで弁当を買いこんで、遊び車を駆ってひとっ走り、福智山ダムへやって来ました!

 駐車場横の桜は、ソメイヨシノではなく、遅咲きの八重桜だったのでした!

 タイミングとしては満開までにはやや早め、来週辺りが見頃のようですが、それでも、散ってしまったソメイヨシノよりは、今から咲き始める八重桜の方が見るには好いに決まってます。

 日和はよし、あたりでは鶯が美声を奏で、花もありで、お弁当を開くには好条件がそろっています。が、残念ながらドライバ-にはBEERはご法度!
ノンアルコ-ルで我慢です。

 福智山麓にもやっと春が訪れました。



e0339960_15334591.jpg
駐車場脇のミドリかかった八重桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

e0339960_15353892.jpg
こちらはピンクの八重桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55









[PR]


e0339960_19145180.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



 昨日の事、早朝散歩に出るときに何時もはカメラ片手にがHikoさんのパタ-ンですが、事もあろうにこの日は手ぶらで出たのがあだで、朝日に照らされキラキラ輝く公園の桜の花びらを横目に通り過ごしてしまいました。

 次の日、つまり本日の事、うっかり手ぶらで出そうになったものを、昨日の事を思い出して一旦家を出たものを、慌てて引き返して、カメラを持ち出しました。

 時間的には若干のズレはあるものの、この日も桜の花びらは強烈な朝日に照らされて輝いていました。ここは順光では真っ白飛び、かと言って、逆光狙いはレンズの実力が写りを左右します。

 安物レンズ装着で、失敗覚悟で狙った逆光線!(Topと2枚目)、レンズは値段だけではその実力は評価できないものですネ!

 ベトナム製のペラペラレンズでありながら、この実力は評価できると思った瞬間でした! やっぱり、ペンタックスはちゃんとしたデジタル対応のレンズを設計していたと感心させられます。

 たまには保管庫の肥やしにも陽をあててやらないと・・・・

 で、今年最後、見納めの桜のスナップ写真をUPしてみました。

e0339960_19323822.jpg
前に聳ゆる金剛山と朝日に輝く桜のコラボレ-ション
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_19344052.jpg
青空に映える見納め葉桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_19361193.jpg
人気のない早朝の公園の桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_19370115.jpg
我が家の100年さくらも・・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55











[PR]
e0339960_14544057.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


  これは、かねてからの友人達よりの要望でもあり、我が家の音楽家の応援(PR)と、シニア世代を幸せにする会のコラボレ-ション?を実現させるべく、自宅のリビングを開放して、この程、ホ-ムコンサ-トを開催することにしました。

 出演者への僅かばかりの謝礼と経費を賄うべく会費を頂いての事で、今年、正月明けの”The New Year's Concert”を皮切りに、今回は花見を兼ねての第2回目(The Spring Concert)と言う事になります。もちろん車の運転の無い方には、花見と言う名目もあり少々のアルコ-ルも・・・

 参加者は、主に言い出しっぺの女将の友人を始め、家内の同級生とHikoさんの同級生がまず手をあげての事で、ほぼ1960年代に青春時代を送ったメンバ-が主体で、親類縁者も噂を聞きつけて参加と言ったところでした。

 内容は青春時代に聞き覚えのある曲が大半で、手拍子あり、掛け声ありの、ホームコンサ-トならではの @ホ-ム的なコンサ-トで、折しも桜は満開、懸念していた天気も何とか持てて、今年は音漬けの花見が出来ました!

e0339960_15400148.jpg
サックス2本にギタ-2本(ピアノは交代でサックスが掛け持ち)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_15415814.jpg
花は満開! 手作り弁当でおもてなし・・・(写真、奥の方では呑み助も・・)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_15442659.jpg
ここではアルコ-ル組が控えめに盛り上がっています!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_20193369.jpg
車で来た人はノンアルコ-ルビールで我慢です!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55












[PR]
# by junkboxhiko | 2017-04-10 15:48 | Comments(2)
e0339960_15541017.jpg
満開になった100年桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 今年の桜の開花は例年になく足踏み状態が続いて、なかなか開花に至りませんでしたが、この2、3日の雨模様と気温の上昇で一気に満開を迎えました!

 我が家にも100年は超えるであろう桜の古木があり、Hikoさんが100年桜と命名した老木も見事に満開を迎えました。

 最近散歩コ-スに取り入れた畑ダム周辺の桜も時を同じくして、こちらも満開と言ったところです。天気は曇り 時々小雨模様ですが、ここには、雨の合間を縫って花見客が訪れています。

 まさに花(満開の桜)競演と言ったところなりけり・・・・

e0339960_16103893.jpg
小雨模様の中満開を迎えた我が家の桜(樹齢100年は超えていそうです)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16124898.jpg
先日UPした畑の緑がかった桜も満開に・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16143775.jpg
湖畔の桜も満開・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16153428.jpg
ウオ-キングロ-ドでも雨の合間を縫ってお弁当開いてお花見中・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16231694.jpg
堰堤の下方に植えられた桜も花盛り!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16250810.jpg
白木橋駐車場付近、明日の休日は花見客で大賑わいの事でしょう・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55





[PR]
e0339960_17402215.jpg
遠賀川もぐり橋付近・イエロ-ベルトを横切ってチュ-リップフェア-に向かう人たち
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

北九州にもやっと春が来た!と言う感じで、あっちもこっちも花盛り・・・

 まだ咲きかけて中々咲かなかったHikoさん日課のジム通いの道沿いの枝垂れ桜も色づき始めていたのが、この程やっときれいなピンク色の花を咲かせました。

 また、直方では恒例のチュ-リップフェア—も開催されていますが、まだ満開に至らないものもかなりあるものの、待ちきれない市民たちは、昨夜来の雨が上がると同時に老いも若きも押し寄せたようです。

 チュ-リップフェア-会場のすぐ脇にある公園の桜もほぼ満開?を迎え、予報の雨マ-クが曇りに変わり、あした、あさってあたりは花見客でごった返すのではないかと想像します。

 本日のブログは春を迎えた直方地方を取材し、春爛漫 花・花・花をお届けします。

e0339960_18221778.jpg
ジムへの道沿いの枝垂れ桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17422151.jpg
直方河川敷チュリップフェア-赤がまばゆく咲いた咲いた!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17432803.jpg
黄色のチュ-リップも咲いた咲いた!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17441148.jpg
黄色の中に紅一点・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17445338.jpg
やっと見ごろを迎えた河川敷公園のさくら
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17454403.jpg
花見提灯も目立ってます・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17462574.jpg
河川敷は、大根の花?、菜の花のイエロ-ベルト、公園の桜並木、チュリップフェア-の出店も並んで・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55









[PR]
e0339960_16392169.jpg
黄緑色の花弁の桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 最近は毎日のように散歩と花見を兼ねて畑ダム周辺を訪れているHikoさんですが、珍しいい桜を発見しました。以前何度か見た事は有りますが、畑にもあったとはさすがのHikoさんもご存じありませんでした!

 昨日まではまだまだ蕾の方が勝っていましたが、本日はと言うと、先日の雨で水分をたっぷり吸いこみ、多少気温も上がったせいか、殆どが4~5部咲きと言ったところです。

 このまま暖かい日が続けば、明日は無理でも明後日あたりには満開が期待できそうです。

 しかし、天気予報では、この土日あたりは雨マークです。折角の花見も土日を避けて、週明けと言う事になりそうですが、ハラハラ散り行く花びらの下でというのも一興かと・・・

e0339960_16513463.jpg
黄緑色の花弁の桜の下で花見の若いグル-プ
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16530867.jpg
桜のトンネルは間もなく満開
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

e0339960_16541849.jpg
古木も花を着けました。
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16550303.jpg
お花見しながらのお散歩ロ-ド
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16561929.jpg
老木は枝を垂らして・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55






[PR]
e0339960_17560083.jpg
畑の料理屋の前に停まっていたFIAT
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 


Hikoさんの散歩コ-スの民家の前にいつも洒落たミニカ-が停まっているのが気になりながら、どこのなんという車だろう?なんて思いながら、脇目で見て歩いていましたが、畑のダムサイドを歩いている時に偶然同じような車を見つけました!

 近づいてエンブレムを見てみると「FIAT」の文字が刻まれています。
はて?何時もの散歩コ-スの車のエンブレムとは違う・・・

 散歩コ-スの奴はABARTH(アルバルト)・・・・

 形は似ているが何かが違う!! ネットで調べると、やっぱりFIATもABARTHも同じ血統イタリア製のようです。

 ルパン三世が愛用していたシトロエン2CVと同じく、この車種もルパンが愛した車のようです。

 時を同じくしてこれも偶然見つけたのがスバルR2!似たような車ですが、なぜかナンバ-プレ-トの色が違う・・・・

 排気量はと言えば、たしか?スバルR2の方がやや大きいはず・・・・

 それにしてもカ-マニアと言う者は、同じような車を楽しむものだと思い知らされた瞬間です!

 ちなみに、Hikoさんのスバルサンバ-のエンジンはR2と同じではないかと思われますが、だったら、FIATとも同類?と、思えば、これは楽しい・・・


 
e0339960_18213942.jpg
FIATのリアスタイル
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 


e0339960_18224433.jpg
スバルR2(ナンバ-プレ-とは黄色)
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 

e0339960_18231945.jpg
スバルR2のリアスタイル
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 





[PR]
# by junkboxhiko | 2017-04-03 18:26 | Comments(0)
e0339960_17100180.jpg
先日撮った桜は満開になっていました!
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4

 地球温暖化に伴い桜の開花時期も早くなり、ここ数年は3月の末くらいには満開を迎えていたソメイヨシノ、今年はどうした事か開花が遅れて、ここ北九州では、大半の桜はまだ蕾の方は多い状態です。

 最近購入した軽ワゴンの手軽さからか、畑まで一っ走りでダムサイドを歩く事が多くなったHikoさんは、今日もやって来ましたダムサイド!

 週末の小春日和のダムサイドには老いも若きも集結?して、それぞれ、思い思いに楽しんで居ます。

 ウオーキングをする人、テントを張ってバ-ベQを楽しむ若者たち、桜はまだ満開には程遠い、1~2分咲きと言ったところでしょうか・・・

 しかし、中には満開を迎えた桜も・・・・

 ここでは人それぞれ、花もそれぞれの、週末のダムサイドの実情を紹介します。(京都に拠点を移したヒデ君も見てるかな?)



e0339960_17244083.jpg
テントを張って思い思いに楽しんでいるようです。
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4


e0339960_17255335.jpg
花より団子、花はまだ蕾の方が多いのに、そんなことは関係ない!
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4


e0339960_17272904.jpg
貯水池の住人?鯉も陽気に誘われて水面付近に姿を現しました!
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4


e0339960_17305881.jpg
満開まではまだまだ・・・
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4


e0339960_17314845.jpg
ウオ-キングカップル?
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4


e0339960_17325554.jpg
2分咲き桜と鉄塔のコラボ
Sony α100 ・ AF MINLTA 24-50 4








 

 

[PR]

e0339960_12580678.jpg
PENTAX K-5 ・ smc PENTAX-F ZOOM 70-210

 最近チョクチョクHikoさんが歩いている畑の貯水池(北九州市八幡西区香月)周辺には桜ノ木が遊歩道に沿って植えてあります。と言うよりは、もともと在った桜の木に沿った形で遊歩道が整備されたわけですが、そのさくらは今にも開かんとする状態で、蕾はピンクに染まっています。

 その、今にも開きそうな桜の木の中に、小高い場所に在る1本の桜が、Topの写真の様に咲いているではありませんか!もちろんソメイヨシノです。

 周囲の桜はほとんど蕾の状態であるにもかかわらず、1本の桜ははや5部咲きと言ったところでしょうか・・・・

 気の早い花見客は弁当持参で、まだ蕾の内であるにもかかわらず、お弁当を開いて、まさに花より団子です。

 うららかな小春日和の畑の貯水池周辺の光景でした。

e0339960_13125741.jpg
空は青空気温は高め・・・
PENTAX K-5 ・ smc PENTAX-F ZOOM 70-210


e0339960_13135518.jpg
まだ大半は蕾の状態ですが・・・
PENTAX K-5 ・ smc PENTAX-F ZOOM 70-210


e0339960_13144347.jpg
気の早い花見客はお弁当開いて・・・
PENTAX K-5 ・ smc PENTAX-F ZOOM 70-210


e0339960_13153478.jpg
整備された遊歩道
PENTAX K-5 ・ smc PENTAX-F ZOOM 70-210


e0339960_13160527.jpg
湖畔のヤナギ
PENTAX K-5 ・ smc PENTAX-F ZOOM 70-210









 

[PR]
e0339960_15433353.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 2.8


 薄日は差せど、北西の風冷たく肌寒い本日、気が付けば、先日大変な思いをして移植したハランキョの木に新芽が芽吹いて、花も咲いてるじゃありませんか!

 カメラに収めようと、レンズを取り換えて外へ出たものの、細い枝は風に煽られてなかなか狙いが定まりません。

 風が止まった瞬間をと暫く待って、タイミングを計って数カット!

 三脚は面倒なので、大着を構えて手持ちで、なおかつ至近距離での撮影ですので、何度となくシャッタ-を切っても、ピンが甘いか、風でブレるかの繰り返し・・・・

 何とか見れそうなものをピクアップしてアップしています。

 移植の際に大部分の枝は切り詰め、わずかばかり残った枝先に咲いた花は貴重です。ましてや、これに結実でもしようものなら大当たり!


e0339960_16020570.jpg
まだ蕾もかなり残っています。
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 2.8


e0339960_16030967.jpg
この花に1個でも2個でも結実を期待したいものです
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 2.8






[PR]
# by junkboxhiko | 2017-03-27 16:05 | Comments(2)
e0339960_19193951.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50


 北九州の名峰と謳われた福智山、その福智山の登山道は福智山ダムと言う貯水池が出来てから、多少なりともル-トが変更されて、Hikoさんが若い頃に頻繁に歩いていた道はその面影を残しつつも、年月の経過とともに様変わりしており、登山ル-トの一つに、大塔の滝を経て登るル-トが有りましたが・・・・

 その大塔の滝ルートを極めるべく道を探りながら、先日より何度か訪れている福智山登山道でありますが、先日は午後からの事で目的の大塔の滝まであとわずかなところで、探索を切り上げていました。

 本日、朝の天気は行楽日和とあって、先日までの工程を延ばすべく、朝9時ごろより行動開始。この日は三度目の正直と言う事もあって、遂に大塔の滝までのル-トを極めることが出来ました。

 滝の姿は若い頃に観た滝のイメ-ジとは少し違っていて、かなり立派に見えたのが不思議です。と、いう事は、若い頃には滝そのものには興味もなく、通りすがりの渓谷の一部位に捉えていたのかもしれません。なにしろ、目的は福智山山頂に登る事ですので・・・・・

 記憶を辿っての滝探しでしたが、イメ-ジしていたル-トとはかなりかけ離れた物でしたが、年月の経過が頭の中で少しばかり縺れていたようです。

 何はともあれ、今回の目的はなんとか達成されましたので、次回は、また別ル-トの探索にチャレンジしてみたいところです。


e0339960_19281565.jpg
大塔の滝、少し角度を変えて・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50



e0339960_17344230.jpg
間違いなく大塔の滝でした!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50



e0339960_17354159.jpg
途中咲いてたノイバラの花
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50


e0339960_17364835.jpg
ヤブツバキも・・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50





[PR]
# by junkboxhiko | 2017-03-26 16:12 | | Comments(2)

e0339960_08583233.jpg
Nikon D600 ・ Carl Zeiss planar 50 1.4


 世に言われる名車、「農道のポルシェ」スバルサンバ-にも唯一の弱点が有ります。

 何故「農道のポルシェ」かというと、リアエンジンにリアドライブ、つまり、後方にエンジンを搭載して、そのまま後ろの車輪を駆動する方式。ましてや、4輪独立懸架で、ポルセの設計思想とおなじという事で抜群のトラクションにあります。


 この「農道のポルシェ」にも唯一の弱点が有り、それはエンジンを斜めに傾けて搭載している構造上、どうしてもエンジンヘッドあたりからのオイル漏れが生じやすいという事です。

 Hikoさんが昨年6月に購入したポルシェ(農道)もその例に入ってしまいました。

 早速整備工場に持ち込み点検整備、オイル漏れはやっぱりエンジンヘッド付近からという事で、パッキンの交換であっという間に修理完了! オイル漏れしていた車の下辺りに団ボ-ルを敷いて、数日間チェックした結果は漏れはなくなったようです。

 いかなる名車にしてもやはり弱点はあるものと思い知らされた瞬間でもあり、富士重工製が製造中止になった今となっては、運転年齢制限ギリギリまで乗り続けたいものです。

e0339960_09270057.jpg
ついに入庫点検整備中!
Nikon D600 ・ Carl Zeiss planar 50 1.4





 

[PR]
# by junkboxhiko | 2017-03-25 09:28 | Comments(2)
e0339960_15163727.jpg
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50

 さほど寒くも無く、暑くもなしの散歩には丁度いい気温になりました。子供がおもちゃを買ってもらった時と同じように、Hikoさんは自分のお財布をあけて(財布と言ってもただの紙封筒ですが!)買った車、軽トラ君と軽ワゴン、両方は一度に乗れませんが、本日のジム通いは軽トラ君を飛ばして・・・・

 早めの昼食を終えて、例の国会質疑(疑惑だらけの✖✖学園の件)も気になりながらも、車を走らせたいがために、今度は軽ワゴンでわざわざ畑貯水池まで出かけました。

 何故なら、「午後から散歩」は貯水池周辺を歩くためです。 北九州市はこの周りをきれいに整備しており、路面は足にやさしいクッション材で舗装してあり、近隣の市民の運動の場ともなっており、季節を問わず、ジョギングやウオ-キング族で賑わっております。

 Hikoさんもその一員になって小一時間のウオ-キング、もちろんカメラを提げての事で・・・・

 本日は日照もなく薄曇り、写真を撮るには少しばかりの陽射しも欲しいところでしたが、これはこれで柔らかい柳の新芽が撮れたようです。






[PR]

e0339960_11494991.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 50 1.7


 少し前の先日の事、何時もの様にふら-っとクラカメショップを覘いた際に、オ-ナ-のお勧めで、AF MINOLTA 50 1.7と言うレンズを衝動買いしてしまいました。

 オーナ-の話によれば、レンズマニアが大切に保管していた1本で、「普通、MINOLTA 50mmレンズはNEWタイプではF1.4と言うのが有名ですが、F値が1.7と言うのは珍しく、評価も1.4よりも良いとの事云々・・・」

 Hikoさんとしては、レンズマニアの様な知識もなく、その話を鵜呑みにしてと言う事でGET!・・・・

 自分から欲しくて求めたわけでもないレンズの事、試写した画像はカメラの中に入ったままで、即、見る事もしませんでしたが、この程開けてみたのがこの画像です。

 Hikoさん的には、開放で至近距離の画像は、ボケ味はバックがややうるさい感じでイマイチかな~と言ったところが第一印象ですが、これはこれで、レンズの味として捉えるも佳・・・

 何分にも、軽くて持ち出しやすいと言う事がメリットのようです。

 という事で、少しUPしたいと思います。

e0339960_12135413.jpg
桜の一種でしょうか?木肌は桜のようですが・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 50 1.7



e0339960_12145823.jpg
こんな花初めて見ました!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 50 1.7



e0339960_12154174.jpg
北九州市香月の畑貯水池ウオ-キング途中で見かけた赤い花でした。
Sony α100 ・ AF MINOLTA 50 1.7



e0339960_12172964.jpg
先日、学研都市を訪れた際のカット!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 50 1.7










[PR]
e0339960_18532745.jpg
RICOH CX3


 「スモモも桃も桃のうち」と言うことわざで思い出される木、横の大きな桜の木と競り合って枝が絡み合っているのを前々から気にしながらも、時季になると甘い実を付ける「はらんきょ」(スモモ)の木。

 Hikoさんは、以前から何の抵抗も無しに「はらんきょ」という風に呼んでいましたが、「スモモ」が本名ではないかとも言う人もいて、また「プラム」等とも・・・・

 どれが本当の名前かネットで調べたところ、地方によっていろんな呼び方が有り、どれも間違ってはいないようです。

 と言う事で、ここでは「はらんきょ」と言う事にして、これを、桜の木と絡み合わない場所に移植することにしました。時季としては今が絶好の時季なので・・・

 Hikoさんが、現役バリバリの頃は、1日も有ればいとも容易く?移植出来た作業でありますが、病気持ちの高齢者にしては容易な作業ではありません。

 まづ、高さを切り詰めて切り枝の処分など、Topの写真の堀りかけまでに1日(実際は午前中)かかり、2枚目の写真までは次の日の午前中(2日目)、これで後は底の部分を削り取り、根鉢をしっかり梱包することです。

 移動距離は約10m、障害物を避けながらの作業で、これが結構大変な作業になりました。なにしろ重量が、幹の部分と根にはしっかりと土が付いているという事もあって、ざっと見ても150~200キロ?はゆうに有りそうです。

 クレ-ン車は入らない庭の奥と言う事もあり、人力に頼るより手はありません!

 思案の挙句、チェンブロックのお世話になるより以外、方法は無さそうです。

 ここで、家内に助っ人を頼んで、昔取った杵柄、三俣(三脚)を組んで、チェンブロックを吊り下げ、三俣の足をずらしながら、チェンブロックを巻いては降ろし、巻いては降ろしの地道な作業で、目的地へ移動完了。

 少し大きめの植穴を掘って、土壌改良剤、肥料などを混入して植え付けますが、気が付けば4日(午前中)と言う長丁場になりにけり・・・

 ここで、日課の散歩やジム通い等の日ごろの行いが良かったせいか? 腰の痛みや足のハリ等は感じず、今年の「はらんきょ」の花や実は期待できませんが、来年は、梅が咲いて、サクランボの花の後にこの「はらんきょ」の花が咲き、桜が咲いて、梅の収穫の頃に「はらんきょ」の実が熟れる・・・・

 昨年のミツバチの件は捕らぬ狸の何とかではありましたが、これは期待が持てそうです。

e0339960_19090279.jpg
鉢が壊れない様にまずしっかり鉢巻きをします。
RICOH CX3


e0339960_19495969.jpg
底の部分の土を削り取って、しっかり梱包しました。(都合よく横の桜を利用して吊り下げ埋め戻し)
RICOH CX3


e0339960_19532609.jpg
植穴堀り
RICOH CX3



e0339960_19574470.jpg
植え付け完了
RICOH CX3


e0339960_19583002.jpg
庭のツクバイの後ろ付近に収まりました。
RICOH CX3










[PR]
e0339960_18595716.jpg
Nikon D2X ・ AF-S NIKKOR 50 1.8



 最近のHikoさんの近況は可もなく不可もなく、つまり、平々凡々
朝の散歩は気温が少し上がって?早朝散歩は家族の意見を尊重して・・・・
 と言う事で、ジムから帰ってという事が多くなりましたが、時間もやや短縮気味・・・

 ズルと言えばズルけているようですが、運動不足にならない程度には、その分、自宅の落葉樹の冬季剪定分を遅まきながら少しずつこなしてはいますが・・・

 落葉樹と言えば、梅は既に花時期を終えて、桜の咲く前におなじ桜と名の付くサクランボの花があっという間に満開を迎えました。

 あとは実のなるのが楽しみではありますが、野鳥の盗人対策が大変です。

 青い実がだんだん色付き、食べごろになると、一夜にしていや一早朝にして、ぜ-んぶ好いとこをカッさらわれてしまうのが、例年の事。

 何時もは糸を張り巡らしたり、ネットで覆ったりの野鳥対策ですが、木も年々大きくなり、対策が困難になって来ました。

 と、いう訳で、今年は花だけ楽しんであとは野鳥に御接待!と言う事になりそうです。



 
e0339960_19195887.jpg
サクランボ 今が見頃の花は満開!
Nikon D2X ・ AF-S NIKKOR 50 1.8




e0339960_19204872.jpg
まさに春の訪れ
Nikon D2X ・ AF-S NIKKOR 50 1.8



e0339960_19363608.jpg
丈が大きくなったサクランボ
Nikon D2X ・ AF-S NIKKOR 50 1.8





[PR]
# by junkboxhiko | 2017-03-14 19:24 | Comments(4)
e0339960_17000797.jpg
ダム堰堤付近から間近に見る福智山
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


 若い頃には月に何度も登っていた福智山、福智山ダムと言うのが出来てからは一度も登った記憶が有りません。

 早春の好天に誘われるように、ダム底に沈んだ登山道の先の方を記憶を頼りに探索して見る事にしました。

 まず、車でダムの堰堤目指して適当なところに車を置いて・・・

 以前の林道は形跡は残しつつもきれいに整備されていて、かなり上の方まで舗装も施されていました。

 若い頃に良く登っていたル-トに大塔の滝ル-トと言うのが有って、その入り口を探して見る事にしたのですが、林道を歩けどあるけど、似たような入り口らしきものは有るものの、確信はなく、さらに上へ上へと歩を進め、既に山頂を極めて下っているの登山者に
尋ねてみると、あと少しの所との言葉に力づけられて、その場所をやっと突き止めることが出来ました。

 若い頃には、事も無げに少しの時間で行っていたように思えた登山口も、経年変化した身体にはすごく遠くに思えた瞬間でした。

 大塔の滝ルートの入り口を確認したところで、さらに林道を進むと、たしか? 休憩小屋が有った筈との思いで、さらに上へ上へ・・・

 確かに休憩小屋は有ったにはあったんですが、Hikoさんの記憶とは別の地点で少し手前に立派な建物が整備されていました。

 ここまで来れば、山頂までは山支度しての事と・・・・

 この日の目的は十分果たした事だし、ここから折り返し登って来た林道をそのまま下るだけ・・・・


e0339960_17290437.jpg
堰堤まではS字カ-ブの連続・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17303158.jpg
適当に車を置いて・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17342418.jpg
目当ての大塔の滝ル-トの入り口を突き止めました!
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17361776.jpg
直ぐ近くには筑豊新道の登り口も・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50



e0339960_17372481.jpg
休憩小屋は思っていた場所よりやや手前に・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17382284.jpg
青空に落葉樹の繊細な枝先が・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50



e0339960_17393131.jpg
途中で咲いてたヤブツバキ
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


[PR]
# by junkboxhiko | 2017-03-04 17:31 | Comments(6)
e0339960_16494104.jpg
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50



 先日訪れた時には2分咲き位で写真には出来ずに無駄足?踏んだ感じでしたが、満を持して本日、また行って見る事にしました!この日は天候にも恵まれて、先日訪れた下の梅林の駐車スぺ-スに車を置いて、延々と続く上り坂の舗装道路を歩いてみました。

 山裾の民家の石垣の上に植えられた枝垂れ梅が目当てです。

 案の定!! 予感は的中! 2分咲きだった枝垂れ梅は見事に花開き満開の状態です。

 辛い坂道を徒歩でやって来たのは正解でした。狭い山道の事、次々にやって来る車は離合が精いっぱい! ユ-タ-ンするとなると、先に入った車が出るのを待たなければなりません。

 8人乗りにカメラを持ったシルバ-族もゾクゾク?やって来る始末です。

 枝垂れ梅は車の通る道の上にまで垂れており、背の高い車には酷な状態で引き返すしかありません。

 そこで後続車は右往左往・・・・・

 歩いてやってきたHikoさんはと言うと、涼しい顔して、写真撮影、今来た道をスタコラサッサ・・・・

 帰りは一気に下ります。



e0339960_17310363.jpg
石垣の上に植えられた枝垂れ梅は35歳だった!
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50




 
e0339960_17133427.jpg
シルバ-カメラマンはロ-アングルから狙い定めて?
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50





e0339960_17193187.jpg
8人乗りでわんさかやって来ました!
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50





[PR]
# by junkboxhiko | 2017-02-27 17:15 | Comments(4)

e0339960_10213222.jpg
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50

 週末のうすら寒い日、「午後から散歩」は急遽思い立って近場の梅林へ出かけて見ました。

 北九州市の水瓶、香月の畑貯水池をさらに山手に入ったところに、個人が管理している梅林があります。入り口には白木谷梅林と個人的な会社名らしきものが彫り込まれた石の柱が有り、その奥には自然のままの樹形の紅白、桃色の梅が畑にたくさん植えこまれています。

 会社名は○○造園と有りますので、たぶん造園用の材料として植えこまれていたものが、ブームが去って、残ったものではないかと想像します。

 花もそれなりに見ごろを迎えて、近郊からやって来たとみられるカメラマンや観梅客で賑わいを見せています。

 Hikoさんは貯水池のはずれの駐車場に車を停めて、そこから歩いてみる事にしたのですが、往路は心臓破りの急傾斜をあるいて、そこをクリア-すればなだらかな下りになり、また少し上ったところに梅林は有ります。

 駐車場より写真を撮りながらのぺ-スで約20分、メインらしき梅林を渓流に沿って、さらに登るとまだまだ梅林は続いて、途中、ニワトリ(雄鶏)の放し飼い(ネットを張って区切っている)もして有り、さらに登り・・・・

 限がないので、梅がなくなったところから折り返し、来た道をまた引き返すという散歩コ-スでしたが、駐車場にたどり着いたのは出発から、丁度1時間というウォ-キングには手ごろなコースでした。

e0339960_10515971.jpg
近郊からの観梅客も・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_10525247.jpg
花が咲けばオールドカメラマンも動き始めます。
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_10564664.jpg
梅林を仕切って雄鶏ばかりの放し飼い・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_10594503.jpg
貯水池と公園、駐車場が一望
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50




[PR]
# by junkboxhiko | 2017-02-26 10:53 | Comments(2)
e0339960_16311577.jpg
RICOH CX3

 Hikoさんの趣味はと言えばカメラの他にもう一つアマチュア無線と言うのがあります。

 写真はブログUPには欠かせず、かなりの頻度でカメラを持ち歩いていますが、もう一つの趣味のアマチュア無線となれば、最近はパソコンや携帯電話の普及でアクティヴティはかなり低くなっていますが、ロ-カルさんとの電話ごっこ程度はまだ続いており、無線機は欠かせない存在で、自宅、事務所はもとより、前に乗っていたクラウンにも取り付けていました。

 クラウンを手放すときにはこの無線機はチャッカリ外しており、アクティヴティの下がった今、ノッポの遊び車に取り付けようか?どうしょうか?と思っていました。

 何故って? かなり面倒な取り付け作業は若い時ならばまだしも、今となっては、おっくうが先に立ち、今まで放置していました。

 第一の原因はアンテナ取り付け、これはクラウンの時にはトランクに基台を取り付けて、割合低い位置でアンテナを立てていましたが、今回はノッポな車への取り付けとなるとアンテナの位置も高くなり、上にある障害物の事を気にしなくてはならないし、基台そのものもトランク用では取りつきません!

 ジャンクボックスをあさっていたら、数十年前に使っていたル-フサイド用の基台が見つかりました。しかし、埃をかぶりおまけに錆も吹いている状態です。

 新品を調達すれば簡単に解決するものを、ここは無銭(線)家魂が黙っていません! 埃をはたいて錆を落として、塗装を施し再利用することにしました。

 同軸ケ-ブルは少し工夫を加えてそのまま使用することにし、問題は無線機本体の取り付け場所です! セパレ-ト型とは言え、只でさえ狭いキャビンに邪魔にならない所を探すのに一苦労・・・

 最近の車の内装はプラスティックが多用されているので、タッピングビスが使えるので便利です。 シフトレバ-の下に屑入れが仕込んであったものを潰して、ねじ止めして何とか収まりましたが、同軸ケ-ブルの長さが足りるかどうかひやひやしながら、何とか目立たないようにして本体へ接続。

 問題の電源はヒュ-ズボックスから取るとして、これがなかなかの厄介者で、ボックス自体がハンドルやらブレ-キペダルが邪魔をして身を小さく丸めてもなかなかたどり着けない奥の奥に設置してあります。

 硬い身体をなんとかこじ入れてヒュ-ズと電源ヒュ-ズの入れ替えに成功、無事、無線機の灯は点り、ローカルさんをコールしてテスト交信はOKです。  試験電波も出ているようで、まずはメデタシメデタシ!


e0339960_17204496.jpg
アンテナ基台には塗装を施してルーフに取りつきました。
RICOH CX3


e0339960_17200001.jpg
セパレ-ト型の本体はシフトレバ-の下あたりに・・・
RICOH CX3


e0339960_17244597.jpg
電源はラジオ・シガ-ライタ-のヒュ-ズから
RICOH CX3



e0339960_18354629.jpg
奥の院に収まっているヒュ-ズボックス
RICOH CX3


e0339960_13583396.jpg
無線機の操作部は案配よく収まり配線も隠れてすっきりしました。
RICOH CX3





 


[PR]

e0339960_18071119.jpg

Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50



 かねてより物色していた軽キャンパ-仕様可能な車が見つかり、事の初めと言うか、試しにどの程度の事が楽しめるかと言うテストパタ-ンドライブに近場の英彦山を選び、当然、この日は日帰りと言う事で、簡単な弁当をこしらえて、車中泊ならぬ車中昼食と言うのを考え実行してみました。

 弁当食べるのに夢中でリポ-トとなる写真は撮り忘れましたので、途中の道の駅で雰囲気だけの写真を撮ってUP!

 この日は、この上ないほどの好天に恵まれ、英彦山のメインの駐車場は所狭しと車であふれていましたが、ここから少し上った駐車スぺ-スは貸し切り状態で、ここで持参のお弁当と言う事にしたのですが食事の前の腹すかしと小一時間ほど歩いて・・・・

 少し歩いたところで、面白い光景に遭遇しました。 北九州ナンバ-のワ-ゲンが有って、面白そうな構造物に、マキスト-ブにくべる薪が沢山こずんであります。

 人影約1名、こちらから声をかけてみると、どうやら、小金持ち?の暇人?が、この地に第2の人生?の夢の為か? こつこつやっているという雰囲気の建物でした。

 暫く話し込んで、マイモ-ビルの車中食にありついて、少しばかりの仮眠をとって・・・・

 この日はアルコ-ルなしのノンアルコ-ルBEERで・・・・

 天気は良し! 環境は申し分なく!! 思った通りの車遊びが出来た一日でした! 帰りは友人宅へ報告がてら立ち寄ってみました!




e0339960_05064147.jpg
マキスト-ブらしき煙突に薪がいっぱいこづんであります
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50



 
e0339960_18311533.jpg
古屋を買い取りボツボト改装中だとか・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50



e0339960_18323302.jpg
英彦山道の駅駐車場は満車状態
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 24-50









[PR]
# by junkboxhiko | 2017-02-20 18:42 | Comments(0)
e0339960_11580017.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4

 仕事の縮小に伴って、まず2tトラックを処分して軽トラに買い替えたHikoさんでしたが、古いクラウンも車検まで乗って手放す予定でしたが、クラウンだけは20年と言う長いお付き合いに後ろ髪をひかれて、なかなか手放されずにいましたが、この程やっと決心がついて、手放すことにしました。

 この年になって、軽トラだけでも用は足せるもののやはり遊び車が欲しいとの思いで、ずっと前から考えていた軽ワゴンが偶然見つかり、この程クラウンの代わりにやって来ました。

 駐車はクラウンの古巣、片屋根式のカ-ポ-トと言う目論みでしたが、あにはからんや小さい割にはノッポな車の事、ハイル-フと言うやつで、既存のカーポ-トには収まりません!

 傾斜屋根の高い部分に無理やり収めては見たものの、直射日光はなんとか遮れそうですが、雨の日は如何ともしがたく、やく5分の1くらいは雨ざらし状態です。

 屋根を継ぎ足すことも考えたのですが、アマ無線のアンテナ取り付けの事を考えると、このままでも良いか?! とチョット様子を見てみる事にしました。

 雨の日の今日、雨に当たった部分を見ると然程影響もなく、少しの時間でサッと撫でればきれいになる程度・・・・

 屋根までギリギリ、横もいっぱいいっぱい、先日作った軽トラ車庫と合わせて、いずれも試験コ-スの車庫入れですが、頭の体操にはこの方がいいかも知れないと苦笑い・・・・


e0339960_12234910.jpg
屋根の部分の出っ張りには保護材を被せて・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4


e0339960_12241998.jpg
タイヤの部分は高い所を少し削って目印用の石材を置いて・・・
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4


e0339960_12244423.jpg
車庫入れはどちらもギリギリ試験コ-ス!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 24-50 4







[PR]
# by junkboxhiko | 2017-02-17 14:14 | Comments(4)