<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0339960_17143432.jpg
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7

 2016年暮れもいよいよ押し迫り、午前中は片付けごとや、神棚掃除など、喪中と言えども、最低限度の正月準備は済ませて置いて、午後から散歩に、先日GETしたばかりのMINOLTA 50 1.7の試写を兼ねて、団地内を撮り歩きしてみました。

 絞りは8まで絞って、タ-ゲットは団地内に留めてある車を撮って見る事にしました。

 先日は、絞り解放のみの試写でしたので、絞ればまた別の楽しみもあります。被写体の車は一応Hikoさん好みと言う事で・・・

 特に外車を意識した訳ではないのですが、最近の日本車のディザインはあまり好みではないHikoさんでした。


e0339960_17275882.jpg

赤い車はワ-ゲンエンブレム
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7



e0339960_17290944.jpg

白い車はBMW
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7



e0339960_17295068.jpg

カエルの顔したフォルクスワ-ゲン
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7



e0339960_17305619.jpg

濃い緑のジャガ-まで・・・・
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7






 

[PR]
e0339960_11173043.jpg
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7 NEW


 2016年暮れも押し迫って、今年最後かもしれないとクラカメショップを覘きました。目ぼしい出物は無いかとショ-ケ-スをのぞき込んでいると、「ミノルタの単焦点がはいってますよ~」のオ-ナ-の声に、反応したHikoさんはキョロキョロあたりを見回していると、オ-ナ-が出てきて、自ら手に取って、委託者は新品で買ったみたいで、まだピカピカですと言いながら手渡してくれ、さらに玉を覘いて見てください云々・・・・

 α100で使えると思いながら買う気満々で、もう、薄い財布を取り出していたHikoさんが居ました!

 どうやらMINOLTAレンズの最終型らしく、レンズマニアが、同じ50mmの1.4と撮り比べたところ、こちらの方がいいと、温存していたとの事でした。

 で、本日、ジムから帰ったところで、小雨の中での試し撮り・・・
すべて絞り解放(1.7)での撮影でした!



e0339960_11452733.jpg
雨に濡れた水仙
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7 NEW




e0339960_11421564.jpg
ネコの巣ごもり?
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7 NEW



e0339960_11470883.jpg
鉢植えのハボタン
Sony α100 ・AF MINOLTA 50 1.7 NEW









[PR]
e0339960_20031716.jpg
PENTAX K-5 ・smc PENTAX-F ZOOM 70-210


 秋月を訪れた際に立ち寄った雑貨屋に猫が居ました。飼い猫らしく人なつこいことこの上なし? Hikoさんはこの猫を見て咄嗟に思ったことは、岩合光昭の世界ネコ歩きの中に出演?している「ブ-ツ」と言う名の猫です。

 なんでも黒毛の中に足元だけ白いブ-ツをはいた様なネコ・・・
誰が付けたではなく皆からブ-ツと呼ばれるようになったとか・・・

 Hikoさんもこの猫を見たとたんにブ-ツと呼びそうになりましたが、残念ながら彼(彼女?)には別の名前がありました。

 店の主人らしき人から、日本名らしき名前を呼ばれると「にゃ~」と答える!やっぱり日本語が分かる日本の猫でした。

 えっ?!その猫の名前はって? あまり意識してなかったので、よく聞いていませんでした!!

 さしずめ、秋月版ブ-ツと言ったところでしょう。



e0339960_20160053.jpg
白いブ-ツをはいた様な秋月版ブ-ツ!
PENTAX K-5 ・smc PENTAX-F ZOOM 70-210


e0339960_20175330.jpg
ブ-ツの棲み処?の洒落た雑貨屋さん
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4







[PR]
e0339960_13563599.jpg
玄関わきに新設したイルミネ-ション
Nikon D600 ・Carl Zeiss Distagon 25 2.8



 先日の事、我が家のオトキチクンがタワ-に登っていいか?と聞いてきたので、何事かと思いきや、友人より譲り受けた沢山の電飾を飾る場所を持て余して、タワ-で一気に片を付けようと15mもある高さからタワ-に沿わせた形で取り付けましたが、まだまだ在庫は在り、思いあぐねて、玄関わきに植えてある、ヤマボウシの木に竹竿を立てて、そのTOPから放射状に引き下ろしてのイルミネ-ションを考え付きました。

 我が家には喜びそうな小さな子が居ないのに、最近はイルミネ-ション屋敷の様になっています。

 一時期流行ったイルミネ-ション合戦?も下火となってか近くを通る人もあまり興味を示しそうにもありませんが、喜んでいるのはオトキチクンとその家族、そして向こう隣のおばちゃんが、家の中から何時も眺めているよ!「メチャメチャきれい」とご愛想を言ってくれる程度です。

e0339960_14244487.jpg
タワ-の高さが際立っています。
Nikon D600 ・Carl Zeiss Distagon 25 2.8



e0339960_14130443.jpg
タワ-と玄関わきと生垣にも・・・
Nikon D600 ・Carl Zeiss Distagon 25 2.8



e0339960_14162297.jpg
向こう隣の見物客がやって来ました!
Nikon D600 ・Carl Zeiss Distagon 25 2.8

 

[PR]
e0339960_10444017.jpg
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4


 急に思い立って出かけた日帰りの旅、目的地は山間にある盆地の村、筑前の小京都とも呼ばれる秋月でした。

 先日も記したように交通の便の悪さから開発に取り残された事で、昔の姿をそっくりそのまま残し、それを逆手にとって、観光客を呼び込んでいる。言わば、村そっくりが観光資源という訳です。

 そこには、素朴な人柄、素朴な味わいがあり、葛もその一つで、最初に立ち寄った店で、駐車場を探している事を尋ねると、指をさしてあの葛屋さんにもありますと丁寧に教えて頂き、家内の目的の葛粉はこの葛屋さんで調達出来て、ついでに葛湯をいただき、車を預けたままで街並みを散策し、早めの昼食は、Hikoさんの目的であった、川茸(カワタケ)をいただきました。

 30年前に食べた味などすっかり忘れていて、30年ぶりに巡り合った川茸の味はと言うと、素朴も素朴、酢醤油じたてで出されたものの、わずかな食感と酢醤油の味がしただけと言う素朴さでした。



 
e0339960_11143239.jpg
店頭に並んだ葛製品
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4


e0339960_11152827.jpg
葛湯に高菜漬け添え500えん也!
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4



e0339960_11164823.jpg
川茸をいただいた茶店
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4



e0339960_11180058.jpg
ちょっと贅沢 川茸定食 (左上角が川茸の酢もの・その下が葛もち・川茸めし)
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4

e0339960_11371436.jpg
窓越しの茶店の中庭
PENTAX K-5 ・smc PENTAX-F ZOOM 70-210




 

[PR]
by junkboxhiko | 2016-12-20 11:23 | | Comments(2)
e0339960_17015641.jpg
PENTAX K-5 ・smc PENTAX-F ZOOM 70-210


 師走晴れ?の行楽日和に誘われて、若い頃に訪れたことのある福岡県秋月へ行ってみようと、急遽思い立ちました。

 Hikoさんにとってはこの地を訪れるのはかれこれ30年振り位になりますが、その時の昼食で名物の川茸(川ノリの一種)の味が忘れらずに、川茸目当てもその目的の一つでもありました。

 秋月と言うところは三方を山に囲まれた城下町で、交通の便も悪く、その不便さから街に手が入ることなく手つかずの状態で、保存された街並みが魅力で、最近は観光客が多く訪れるようになったとも聞いております。

 その城下町の一角で、35年もの間、掘っ立て小屋のような出店で自家製の、乾燥野草の類のものを観光客相手に商いを続けているとの事で、その時は気にも留めなかったが、Hikoさんが前回訪れた時もここで店を出していたのかもしれません?

 口八丁手八丁のこの益ちゃん婆さん、自分の生きざまを語り始めると、買い物客も驚いたり感心したりで興味を持ちながら、つい値段の事は考えずに財布の紐も緩みがち・・・

   

e0339960_18133628.jpg
手作りの久留米がすりの暖簾は風雨にさらされながら35年の年季が入っているそうな
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4


e0339960_17360761.jpg
写真を撮るよと言うとニッコリ愛想笑いで・・・
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4


e0339960_17363274.jpg
すべて自身の手書きのチラシで宣伝!
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4



e0339960_17372253.jpg
喋りだしたら止まらない?
Sony α100 ・MINOLTA AF 24-50 4  







[PR]
e0339960_19471207.jpg
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO



 時はX'masシーズン、我が家のオトキチクンに電飾の贈り物が届きました。ディスプレイをあれこれ思案していたようですが、送り主の家からでも見えるようにと、未経験のタワ-登りに挑戦しました。

 Hikoさんはと言うとアンテナの調整などで幾度となく登った経験がありますから、然程怖くはないのですが、未経験のオトキチクンの挑戦とあって、下から見ている方がハラハラものです。

 彼も家業の手伝いで高所作業は慣れているとみえ、案ずるよりは生むがやすし? 難なく作業をこなしているようで、一安心です。

 下で作業を見守りながら、ケ-ブルの縺れを直したりの、手伝いのHikoさんは長い間上を見上げての首のだるさと、寒さは骨身に堪えましたが、タワ-にイルミが灯るとあって、ちょっとした期待感も持ちながら・・・

 作業終了は日没となり、点灯テストにはいい按配です。

 細かい手直しは明日という事で、日没終了と言う事であります。

e0339960_20054324.jpg
3ぼんの電飾ケ-ブルをタワ-のテッペンへ運びます!
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO



e0339960_20080057.jpg
西日を受けて、途中のアンテナなどの障害物をかわしながら・・・
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO



e0339960_20093267.jpg
日没作業終了と点灯テスト
Nikon D7000 ・ TAMRON 28-300


e0339960_20384431.jpg
無線のタワ-は15mH
Nikon D600 ・Carl Zeiss Distagon 25 2.8


e0339960_20401091.jpg
細かい手直しは明日に持ち越し?
Nikon D600 ・Carl Zeiss Distagon 25 2.8










[PR]
e0339960_12503153.jpg
塩ビパイプ雨樋も取り付けて、雨天時テストは・・・
RICOH CX3


 数日前から軽トラ君の雨露しのぎ対策をしているHikoさんですが、昨日、今日との雨続きで恰好の雨天テスト日?になりました。

 スぺ-スとしては、強い風でも吹かない限りは概ねカバ-できることが判明しました。

 先日の通り雨の時に分かったことですが、雨樋がないとタキロンから流れ落ちた雨だれで、軽トラ君の側面にトバッチリが飛び散って汚れてしまいました。

 早速、対策をと思い、Hikoさんスペシャルの塩ビパイプ改造雨樋を取り付けた結果は当たり! トバッチリの影響はなくなり、作戦は成功です。

 塩ビパイプ雨樋とは使い古した塩ビパイプの側面にカッタ-で切れ目を入れて、屋根材のタキロンの先端に挟み込んでステンレスワイヤ-で留めるだけの簡単なもの・・・

 雨の日の前日には柱の根元の腐食防止と補強を兼ねたコンクリ-ト施工も完了しており、型枠を外して埋め戻せば完成と言う事です。

 これで、軽トラ君の雨露対策もバッチリ!・・・

e0339960_12321155.jpg
造園資材の杭を打ち込んだだけの柱の根元にコンクリ-ト施工の型枠
RICOH CX3


e0339960_12341940.jpg
コンクリ-トを流し込んで・・・
RICOH CX3








[PR]
e0339960_17193573.jpg
e0339960_17203681.jpg
e0339960_17210191.jpg
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO


 福岡県宗像アリ-ナへ、北斗一家の長男(羅王)と末っ子(リン)が長崎くんだりからはるばるやって来ました。

 羅王はジュニアラグビ-の長崎選抜選手として、末っ子リンはと言うと、さしずめ小さな応援団長?

 長男と末っ子はちょうど一回り違いの兄妹で、好天に恵まれ青い芝生がまぶしいくらいのこの日、グランドコンディションは上々! 

 その広いグランドにチビッ子応援団長の懸命な応援を受けて羅王君も頑張りました。

 近隣在住のG&Ba~は、いつもの様に応援に駆り出されて、ル-ルも分からず勝ち負けも判らないままの形だけの応援団ではありますが、久々の孫との再会もまた楽しからずや・・・・

 本日の試合は、長崎選抜チ-ムの2勝1敗、残念な1敗は福岡チ-ムからの惜敗でした! 地元としては喜ぶべきか、はたまた、孫側について残念がるべきか?

 ここは、地元もくそもなく長崎選抜を応援、ちょっと残念と言ったところでしょう・・・・

本日のブログはGバカ丸出しになってしまった様ですが、たまにはいいでしょう・・・・


e0339960_17464159.jpg
羅王選手、ボールを抱えて必死の逃げ切り・・・
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO


e0339960_17475196.jpg
背番号13(羅王)がパスを受け取りました!
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO


e0339960_17492600.jpg
後ろ姿の背番号13
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO




e0339960_17511551.jpg
スクラム
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO



e0339960_17522270.jpg
応援団長も思わず力が入ります?
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO


e0339960_18212311.jpg
試合が終わればこの愛嬌・・・・
Nikon D7000・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300 MACRO


 

 




[PR]
e0339960_13283480.jpg
RICOH CX3

 遡れば6月の事、もう潮時と2トントラック(クレ-ン付き)を車検ギリギリまで乗って、廃車、代わりに入った軽トラ君、乗用車(クラウン)は屋根付きの駐車スぺ-スがあるのに、軽トラ君だけは雨ざらしのまま半年間耐えてきました。

 時々はクラウンのスぺ-スにお邪魔することもありましたが、殆どが雨ざらし状態でした。

 車も生き物? 野ざらしのままではかわいそうと思ったHikoさんは、有り合わせの資材で雨露凌げる簡単な屋根をと考え、実行に移すことにしました。

 まずは、その位置決めから その第1は作業の邪魔にならない場所を選ぶ必要があります。

 既存の物置や、軒に建てた柱など・・・・

 それと、なるべく材料を倹約することも考えて、既存の構造物を利用しながら、柱は最低の2本のみ、その1本は、造園資材の杭を利用して、寸足らずは垂木で補い、あとの1本はズ-っと前に、切り倒しておいたマキの木が丁度いい按配で、ケヤキの木に立てかけられていたものを使う事にしました。

 設計図はボヤケタ頭の中、その時その時の思い付きと現場合わせ・・・・

 頭にあるのは、なんとか軽トラ君の雨ざらしだけは避けたい一心で、お金をなるべく掛けずにやる事・・・・

 1本では強度が気になるところは2本合わせ、短いものはしっかり繋いで、何しろ有り合わせの材料で作る事が基本の考えだから・・・

   やむなくホームセンタ-のお世話になったのは、 垂木、ド-ブチ、タキロン位で、 10000円を少し超えたくらいで収まりました。

 先日後期高齢者の仲間入りしたばかりのHikoさんには高所作業、脚立の登り降りはいささか足腰に堪えていました。

 その作業中に突然、携帯電話が鳴り響き! 思いがけないクラスメイトからの激励のメッセ-ジじゃなく、パソコントラブルが治って、HikoさんのジャンクBOXを開けた云々、電話の主は、浜の住人でした。

 作業中でしたので、話もそこそこ、思い出してくれてありがとうを言います!!

 ある程度形が出来た軽トラ君の駐車スぺ-スは倉庫の入り口の延長線上、駐車はギリギリ、まさに試験コ-ス! それでもなんとか雨露凌げて軽トラ君はよろこんでいるのか? 一番喜んだのはHikoさんでした!

e0339960_12575780.jpg
プレハブ倉庫の入り口延長線上
RICOH CX3


e0339960_12591024.jpg
正面には物置の軒があります。まっすぐには出れません!
RICOH CX3


e0339960_13002880.jpg
柱は造園資材と、切り倒しておいたマキの木
RICOH CX3




e0339960_13030491.jpg
補強の頬杖もドアを開けるのにギリギリ・・・
RICOH CX3


e0339960_13042141.jpg
横材も2本合わせで強度を増して・・
RICOH CX3


e0339960_13062664.jpg
この位入れば、雨露も何とか凌げるでしょう。
RICOH CX3











 

[PR]