<   2017年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0339960_16355154.jpg
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50

 毎年この時季、北九州市の香月町吉祥寺において、藤祭りが開催されており、いつの頃からは定かではありませんが、Hikoさんが幼少の頃から「キッチョさんの祭り」というのが有って、それが今に継承されております。

 戦後の子供の頃には大した楽しみもなく、直方市の多賀神社の祭り、「お多賀さん」と、この「キッチョさん」が唯一の楽しみだったように思います。

 わずかばかりのお小遣いを貰って出かけて、出店の綿菓子や金魚すくい、当時はお化け屋敷やサ-カスもやって来ていたように思いますが、限られた予算の中でこれらを選択して楽しむ事が唯一の娯楽だったように記憶しています。

 時の経過と共に祭りの形態も多少は変わって来はしましたが、吉祥寺の藤だけは今まで通り健在です。

 故郷を離れて各地に散らばった同級生諸君にも今年の吉祥寺の祭りの様子を届けたいとの思いでブログを通じてお報せします。


e0339960_16575424.jpg
今年も見事に花の房はさがりました
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_16592736.jpg
お参りすることも忘れずに・・・
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17015740.jpg
古色を帯びた古株は保存樹に指定されています。
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50



e0339960_17032598.jpg
境内では大正琴の演奏も・・・
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50

e0339960_17050777.jpg
参道の出店の様子、好天にも関わらずこの時間帯は人出は疎ら
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50


e0339960_17064099.jpg
同級生諸君には見覚えのある顔! この人が祭りの実行委員長であります。
NIKON D2X ・ AF NIKKOR 24-50







[PR]
e0339960_19571448.jpg
階段式2段ベット、天板はテ-ブルにも使用できます。
RICOH CX3


 Hikoさんのかねてからの夢でもあった、キャンピングカ-で気ままな旅を楽しみたいと言う願望は、遅まきながらではありますが夢は捨てきれずに、いま流行りの軽キャンパ-を造ってみようと企てて、軽自動車のワンボックスカ-、いわゆる軽ワゴンの調達から始まり、この程、軽キャンパ-の制作に取り掛かりました。

 制作と言っても、車検や整備の時の事を考えて、床の点検口は塞ぐわけにはいかないので、すべての装備が取り外しが出来る様にしなくちゃなりません! そこで、造り付けは止めにして、半固定式にしようと考えました。

 最大の目的は居住空間をいかに広くとって、就寝時に快適な眠りにつけるかですが、2名がそれぞれ安眠をと考えた時に、横の人の気配を和らげる階段式2段ベット方式?を採用しました。上段のベットはテ-ブルにも転用できる仕組みです。

 上段のベットの基礎(脚)は必需品の収納も兼ねるホ-ムセンタ-で売っていた衣装ケ-スに目をつけて、適当な奥行きと高さの物を買い求めて、床面に均し材として敷いたコンパネの上に置いて、その上に塗装を施したコンパネ製の天板を置くだけの簡単な仕組みです。

 一見ひ弱そうに見える衣装ケ-スも4個並べて置けば強度は十分、体重70キロを超えた大人が乗ってテストしても十分持ちこたえます。床には有り合わせのござを敷いて・・・・

 これでいつでも最低限の行動開始は出来るのですが、キャンプと言うからには煮炊きが出来る調理台も必要と考えて、後部ドア-を開けて、コンパネの切れ端を塗装して、片方は車の床材の上に掛けて、もう一方はカメラの三脚を利用して、いわゆる三点支持で持たせると言う考え方で、板一枚の調理台の完成です。

 煮炊きに必要なガスコンロは風には弱く、対策が必要です。そこで、百均で調達したマグネットフックでブル-シ-トを跳ね上げた後部ドア-に吊るして、風よけとプライバシ-の確保と一石二鳥のアイディアです。

 小さな車の空間を最大限利用して、快適な居住スぺ-スもなんとか確保出来、あとは実践あるのみ・・・・

 なお、母体となった軽ワゴンは、車内の広さは軽自動車ではトップクラスで、半年かけて探し出したスバルサンバ- ディアスワゴンです。


e0339960_19561978.jpg
使い終えたコンロや薬缶はケ-スに収容します。調理台の片方は床材の端っこに引っ掛けて・・・
RICOH CX3


e0339960_20531865.jpg
後部ドア-を跳ね上げて、マグネットフックでブル-シ-トをつるし、即席調理場の完成!
RICOH CX3


e0339960_20551900.jpg
調理台の反対側の脚にはカメラの三脚を流用!
RICOH CX3


e0339960_20565710.jpg
水タンクや折り畳み腰掛は床下収納
RICOH CX3



e0339960_21160362.jpg
軽キャンピングスタイル?の後ろ姿
RICOH CX3







 

 

[PR]

e0339960_16034895.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 昨晩は雨風強く、大荒れの春の嵐で雨量もかなりのものでした。地域によっては工事用のクレ-ンが横倒しになり水道橋を直撃するなどの被害も出ているようです。

 この時季は雨によっての恵みもあり、雨上がり、裏の竹藪を覘いて見ると、予感的中!タケノコがあちこち頭をもたげているではありませんか!まさに「雨後の筍」とはこの事!

 タケノコ好きの友人に早速電話連絡、おっとり刀ならず、おっとり長靴姿で現れた彼と旬の恵みを分かち合い、彼も掘った分を知人たちにおすそ分け・・・

 今年はタケノコの出具合は裏年とかで少ないらしくタケノコの本場でも生産量がかなり減少と言う事の様で、市場価格も例年に比べやや高値らしい・・・

 最近ではタケノコ堀もHikoさんの年中行事の一つとなりにけり!
 これが終わるとセミの声、暑い夏が控えています。


e0339960_16235064.jpg
チョコンと頭をもたげた雨後の筍
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16245509.jpg
土をかき分けて根元を狙います。
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16254781.jpg
この位が丁度いい食べごろです。
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16270691.jpg
収穫の瞬間!(これはちょっと小振りでしたか・・!)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55





 

[PR]

e0339960_15191342.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 気温も上昇して小春日和になったこの日、急遽思い立って(急に思い立つことの多いHikoさんです)福智山ダムの駐車場の横に植えてある桜が気になり、近くのホカ弁屋さんで弁当を買いこんで、遊び車を駆ってひとっ走り、福智山ダムへやって来ました!

 駐車場横の桜は、ソメイヨシノではなく、遅咲きの八重桜だったのでした!

 タイミングとしては満開までにはやや早め、来週辺りが見頃のようですが、それでも、散ってしまったソメイヨシノよりは、今から咲き始める八重桜の方が見るには好いに決まってます。

 日和はよし、あたりでは鶯が美声を奏で、花もありで、お弁当を開くには好条件がそろっています。が、残念ながらドライバ-にはBEERはご法度!
ノンアルコ-ルで我慢です。

 福智山麓にもやっと春が訪れました。



e0339960_15334591.jpg
駐車場脇のミドリかかった八重桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

e0339960_15353892.jpg
こちらはピンクの八重桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55









[PR]


e0339960_19145180.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



 昨日の事、早朝散歩に出るときに何時もはカメラ片手にがHikoさんのパタ-ンですが、事もあろうにこの日は手ぶらで出たのがあだで、朝日に照らされキラキラ輝く公園の桜の花びらを横目に通り過ごしてしまいました。

 次の日、つまり本日の事、うっかり手ぶらで出そうになったものを、昨日の事を思い出して一旦家を出たものを、慌てて引き返して、カメラを持ち出しました。

 時間的には若干のズレはあるものの、この日も桜の花びらは強烈な朝日に照らされて輝いていました。ここは順光では真っ白飛び、かと言って、逆光狙いはレンズの実力が写りを左右します。

 安物レンズ装着で、失敗覚悟で狙った逆光線!(Topと2枚目)、レンズは値段だけではその実力は評価できないものですネ!

 ベトナム製のペラペラレンズでありながら、この実力は評価できると思った瞬間でした! やっぱり、ペンタックスはちゃんとしたデジタル対応のレンズを設計していたと感心させられます。

 たまには保管庫の肥やしにも陽をあててやらないと・・・・

 で、今年最後、見納めの桜のスナップ写真をUPしてみました。

e0339960_19323822.jpg
前に聳ゆる金剛山と朝日に輝く桜のコラボレ-ション
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_19344052.jpg
青空に映える見納め葉桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_19361193.jpg
人気のない早朝の公園の桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_19370115.jpg
我が家の100年さくらも・・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55











[PR]
e0339960_14544057.jpg
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


  これは、かねてからの友人達よりの要望でもあり、我が家の音楽家の応援(PR)と、シニア世代を幸せにする会のコラボレ-ション?を実現させるべく、自宅のリビングを開放して、この程、ホ-ムコンサ-トを開催することにしました。

 出演者への僅かばかりの謝礼と経費を賄うべく会費を頂いての事で、今年、正月明けの”The New Year's Concert”を皮切りに、今回は花見を兼ねての第2回目(The Spring Concert)と言う事になります。もちろん車の運転の無い方には、花見と言う名目もあり少々のアルコ-ルも・・・

 参加者は、主に言い出しっぺの女将の友人を始め、家内の同級生とHikoさんの同級生がまず手をあげての事で、ほぼ1960年代に青春時代を送ったメンバ-が主体で、親類縁者も噂を聞きつけて参加と言ったところでした。

 内容は青春時代に聞き覚えのある曲が大半で、手拍子あり、掛け声ありの、ホームコンサ-トならではの @ホ-ム的なコンサ-トで、折しも桜は満開、懸念していた天気も何とか持てて、今年は音漬けの花見が出来ました!

e0339960_15400148.jpg
サックス2本にギタ-2本(ピアノは交代でサックスが掛け持ち)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_15415814.jpg
花は満開! 手作り弁当でおもてなし・・・(写真、奥の方では呑み助も・・)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_15442659.jpg
ここではアルコ-ル組が控えめに盛り上がっています!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55



e0339960_20193369.jpg
車で来た人はノンアルコ-ルビールで我慢です!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55












[PR]
e0339960_15541017.jpg
満開になった100年桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 今年の桜の開花は例年になく足踏み状態が続いて、なかなか開花に至りませんでしたが、この2、3日の雨模様と気温の上昇で一気に満開を迎えました!

 我が家にも100年は超えるであろう桜の古木があり、Hikoさんが100年桜と命名した老木も見事に満開を迎えました。

 最近散歩コ-スに取り入れた畑ダム周辺の桜も時を同じくして、こちらも満開と言ったところです。天気は曇り 時々小雨模様ですが、ここには、雨の合間を縫って花見客が訪れています。

 まさに花(満開の桜)競演と言ったところなりけり・・・・

e0339960_16103893.jpg
小雨模様の中満開を迎えた我が家の桜(樹齢100年は超えていそうです)
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16124898.jpg
先日UPした畑の緑がかった桜も満開に・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16143775.jpg
湖畔の桜も満開・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16153428.jpg
ウオ-キングロ-ドでも雨の合間を縫ってお弁当開いてお花見中・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16231694.jpg
堰堤の下方に植えられた桜も花盛り!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16250810.jpg
白木橋駐車場付近、明日の休日は花見客で大賑わいの事でしょう・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55





[PR]
e0339960_17402215.jpg
遠賀川もぐり橋付近・イエロ-ベルトを横切ってチュ-リップフェア-に向かう人たち
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

北九州にもやっと春が来た!と言う感じで、あっちもこっちも花盛り・・・

 まだ咲きかけて中々咲かなかったHikoさん日課のジム通いの道沿いの枝垂れ桜も色づき始めていたのが、この程やっときれいなピンク色の花を咲かせました。

 また、直方では恒例のチュ-リップフェア—も開催されていますが、まだ満開に至らないものもかなりあるものの、待ちきれない市民たちは、昨夜来の雨が上がると同時に老いも若きも押し寄せたようです。

 チュ-リップフェア-会場のすぐ脇にある公園の桜もほぼ満開?を迎え、予報の雨マ-クが曇りに変わり、あした、あさってあたりは花見客でごった返すのではないかと想像します。

 本日のブログは春を迎えた直方地方を取材し、春爛漫 花・花・花をお届けします。

e0339960_18221778.jpg
ジムへの道沿いの枝垂れ桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17422151.jpg
直方河川敷チュリップフェア-赤がまばゆく咲いた咲いた!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17432803.jpg
黄色のチュ-リップも咲いた咲いた!
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17441148.jpg
黄色の中に紅一点・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17445338.jpg
やっと見ごろを迎えた河川敷公園のさくら
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17454403.jpg
花見提灯も目立ってます・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_17462574.jpg
河川敷は、大根の花?、菜の花のイエロ-ベルト、公園の桜並木、チュリップフェア-の出店も並んで・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55









[PR]
e0339960_16392169.jpg
黄緑色の花弁の桜
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

 最近は毎日のように散歩と花見を兼ねて畑ダム周辺を訪れているHikoさんですが、珍しいい桜を発見しました。以前何度か見た事は有りますが、畑にもあったとはさすがのHikoさんもご存じありませんでした!

 昨日まではまだまだ蕾の方が勝っていましたが、本日はと言うと、先日の雨で水分をたっぷり吸いこみ、多少気温も上がったせいか、殆どが4~5部咲きと言ったところです。

 このまま暖かい日が続けば、明日は無理でも明後日あたりには満開が期待できそうです。

 しかし、天気予報では、この土日あたりは雨マークです。折角の花見も土日を避けて、週明けと言う事になりそうですが、ハラハラ散り行く花びらの下でというのも一興かと・・・

e0339960_16513463.jpg
黄緑色の花弁の桜の下で花見の若いグル-プ
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16530867.jpg
桜のトンネルは間もなく満開
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55

e0339960_16541849.jpg
古木も花を着けました。
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16550303.jpg
お花見しながらのお散歩ロ-ド
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55


e0339960_16561929.jpg
老木は枝を垂らして・・・
PENTAX K100D ・ smc PENTAX DA 18-55






[PR]
e0339960_17560083.jpg
畑の料理屋の前に停まっていたFIAT
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 


Hikoさんの散歩コ-スの民家の前にいつも洒落たミニカ-が停まっているのが気になりながら、どこのなんという車だろう?なんて思いながら、脇目で見て歩いていましたが、畑のダムサイドを歩いている時に偶然同じような車を見つけました!

 近づいてエンブレムを見てみると「FIAT」の文字が刻まれています。
はて?何時もの散歩コ-スの車のエンブレムとは違う・・・

 散歩コ-スの奴はABARTH(アルバルト)・・・・

 形は似ているが何かが違う!! ネットで調べると、やっぱりFIATもABARTHも同じ血統イタリア製のようです。

 ルパン三世が愛用していたシトロエン2CVと同じく、この車種もルパンが愛した車のようです。

 時を同じくしてこれも偶然見つけたのがスバルR2!似たような車ですが、なぜかナンバ-プレ-トの色が違う・・・・

 排気量はと言えば、たしか?スバルR2の方がやや大きいはず・・・・

 それにしてもカ-マニアと言う者は、同じような車を楽しむものだと思い知らされた瞬間です!

 ちなみに、Hikoさんのスバルサンバ-のエンジンはR2と同じではないかと思われますが、だったら、FIATとも同類?と、思えば、これは楽しい・・・


 
e0339960_18213942.jpg
FIATのリアスタイル
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 


e0339960_18224433.jpg
スバルR2(ナンバ-プレ-とは黄色)
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 

e0339960_18231945.jpg
スバルR2のリアスタイル
Sony α100 ・ AF MIMOLTA 24-50 4

 





[PR]