人気ブログランキング |
e0339960_19143799.jpg
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4

 Hikoさんの日課の一つに朝は散歩の前に4か所の雨戸(13枚)をあける事、夕方になると朝開けた雨戸を閉める事があります。

 その夕方、雨戸を閉めかけた時の事、西の空を見ると夕日が丁度沈もうとしていたではありませんか!

 急いでカメラを取に行き、レンズを望遠に取り換えて、戻って見るともう半分ほどしか見えなくなっていましたが、それでもあきらめきれずに、ワンショット!

 それにしても、電力、電話、光ケ-ブルなどの邪魔な電線群!!
無駄遣いしないで、これ一番に何とかしてほしい・・・・ 






# by junkboxhiko | 2019-08-17 19:23 | Comments(0)


e0339960_09503376.jpg
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4

 ここ北九州では連日酷暑が続いており、クーラ-嫌いなHikoさんにとっては、まさに地獄の日々と言ったところであります。

 午前中は、あらゆる窓と言う窓を開けっぱなしにして、上半身裸スタイルでなんとか凌いでいますが、午後ともなればさらに陽射しは照り付け、そうもいかず ついには脱出と言う事になるのですが、この日は小一時間走ったところの、海辺へやって来ました。

 この場所は以前訪れた時にはかなり波も高くサ-ファ-が波乗りを楽しんで居たのですが、台風の影響でさらに高い波を期待しての事でしたが、あにはからんや、波は穏やか・・・・

 期待外れでした!!

 海辺の駐車場は家族連れの海水浴客で満杯! 折角だから、道路わきに車を寄せて、撮影を試みましたが・・・

 海水浴にはうってつけ、しかしながら、期待された波乗りは迫力に欠けたただの板乗りごっこ? ちょっと物足りない感じではありましたが、それでも若者達にとってはかっこうの暑気払いになったに違いありません。

 いつまで続くの? この酷暑!!

 それでも夕暮れ時になると幾分気温も下がり 夕焼け小焼けでひがくれて♪・・・・

 
e0339960_10165876.jpg

波は穏やか家族連れでにぎわっていました。
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4


 
e0339960_10175290.jpg

ポイントによっては白波も・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4


e0339960_10184218.jpg

波穏やかでギッチラコギッチラコ・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4


e0339960_10195310.jpg

パドルサ-フィン?
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4


e0339960_10213673.jpg
やっと波を捉えた様で・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4

e0339960_11235687.jpg
夕暮れ時の西の空 夕焼け小焼け・・・
Nikon D2X ・ AF NIKKOR 70-210 1:4














e0339960_15001534.jpg
RICOH CX3

 梅雨明けのこの時季は、日本ミツバチにとっては緊張の連続です。何故って?! 天敵のスズメバチ野郎が隙を見ては襲い掛かって来るからです!

 夜明けとともに活動を始めるミツバチを狙って、スズメバチの野郎が、巣箱の周りをホバ-リングしなからパトロ-ルを始めます。

 Hikoさんは蝿叩きにヒントを得て、プラ板に竹の柄を取付けて即席「蜂叩き」を作り、ホバ-リング野郎を見つけ次第 叩き落とすようにはしてはいますが、四六時中見張っているわけにもいかず 時折り見廻りをしていると言う事ですが、Hikoさんの目の届かない隙にやって来たと思われるスズメバチ野郎が、沢山の小さなミツバチに押さえつけられているではありませんか!

 ミツバチ集団の熱気で大きなスズメバチを蒸し殺すのです。

 この光景は何度か目にしたことは有りますが、画像に収めたのはこれが初めて!!

 小さな日本ミツバチの底力を見せつけられた瞬間です。

 日本ミツバチを飼い始めて、ハチから教えられることが多々ありますが、まだまだ謎は多く、自然界の生き物の神秘を学習させられている処です。

 日本ミツバチの飼育は究極の道楽とまで言われているようですが、Hikoさんはまだその入り口の前に立ったばかり・・・・

 エッ?! 肝心のハチミツはって! 

 順調にいけばそのうちに分け前を頂けるでしょうが、今はミツバチの生活を守る事が先決問題であります。

e0339960_15383707.jpg
水場に出来た蜂団子! (吸水性のある布切れを濡らしての水場)
RICOH CX3

e0339960_15410351.jpg
大勢で押さえつけて やっつけました!
RICOH CX3

e0339960_15430936.jpg
頻繁に現れる天敵「黄色スズメバチ」の終焉!
RICOH CX3








e0339960_17132218.jpg
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G

 Nikonが2005年の春に発売を開始したフラッグシップモデル、Nikon D2Xと言うプロ仕様のモデルがあります。 このボディは当時は60万円もしたと言う高級機でしたが、その1台がどういう訳かHikoさんの手元で温存されていて、なかなか日の目を見る機会が有りませんでした。

 フィルムの時代からデジタルに移行し始めたころの、いわばデジタル時代のパイオニアとでも言える一品です。

 ミツバチや、軽キャンパ-にうつつを抜かして、カメラとは疎遠になりがちになっていたHikoさんでしたが、それも一段落して、本来の趣味ともいえるカメラに目を向けると、これが、そのうちやろうと、考えていた物に手をつけておかなきゃ、自分の歳が足らなくなる! 先日の高齢者講習での採点結果を踏まえ、ボの字にはまだまだ余裕と言う事で、手始めに行う行事?は梅雨明けショットと言う事で、夏の始まり記念?にプロ仕様カメラに撒き餌レンズと言う異色な組み合わせのスナップショット・・・

 エッ? プロ仕様は分かるが撒き餌レンズとはいかなるものか?・・・

 実は、メーカ-も売り上げ重視で、良いレンズを高く売る事は当たり前の事。で、撒き餌レンズとは高性能なレンズを、激安価格で、言わば、魚釣りに見立てて、撒き餌をしておけばおのずと魚は釣れる の発想のもとに高いレンズを売るがために、開発されたレンズの様です。

 で、14~5年前のフラグシップモデルとの組み合わせは如何に?・・・


e0339960_17463646.jpg
梅雨明けと同時に干された梅干!
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G

e0339960_17475844.jpg
暑い巣箱からの逃避行動?
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G

e0339960_17491221.jpg
野猫のニャンニャンも涼しい窓際で・・・
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G


e0339960_18163547.jpg
ご近所さんの洒落た玄関周り
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G

e0339960_17513405.jpg
涼し気な鉢植えのキキョウ
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G


e0339960_17523523.jpg
湖畔の景色
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G

e0339960_17532852.jpg
預かっているスバルのスポ-ツカ-
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G

e0339960_17541520.jpg
夕日を浴びたゼラニュ-ム
Nikon D2X ・AF-S NIKKOR 50 1.8G








# by junkboxhiko | 2019-07-26 17:58 | Comments(4)
e0339960_15185286.jpg
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX FA 28 2.8 AL

 

 異常気象と言われながら、梅雨入りは遅く 梅雨に入ると各地に豪雨をもたらして、ここ北部九州でも例年ならばとっくにギラギラ太陽の真夏がやってきていそうなものなのに・・・

 天候はハッキリしないままの梅雨の中休み? 雲の切れ間から青空も覗き、薄日が差して 梅雨明けを想わせながら時折パラパラやって来る!

 湿度は高く、蒸し暑い日々で まだ、梅雨明けとはいかないようです。

e0339960_15325761.jpg
雲の切れ間からの束の間の青空
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX FA 28 2.8 AL





 

# by junkboxhiko | 2019-07-24 15:36 | Comments(2)

e0339960_10465913.jpg
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX -FA 28 2.8

 現役を退いたHikoさんにとっては毎日が休日の様なものですが、さに非ず結構忙しい毎日を送っております。

 早朝散歩に朝ドラ鑑賞それが終われば、朝食を摂ってジム通い、ジムから帰れば、日本ミツバチの巣箱作りなどなど・・・

 休日ともなれば、ミツバチの巣箱作りは別として、朝ドラ、ジム通いは完全にお休みとなります。

 この日は日本全国行事の参議院議員選挙の日でもあります。が、朝から生憎の雨模様・・・

 済ませておくべきものは朝飯前に、散歩のついでに投票に行ってまいりましたが、あの嘘つき野郎には絶対に入れたくないと思いながら、かと言って、これと言った人物も無し!白票投じるのも勿体ない・・・・

 難しい話は置いといて、小雨のなか、写真でも撮って見るかと、家の周りをチョイ撮りしてみました。

 自分でも持っている事すら忘れていた隠れ名玉と勧められて買ったsmcPENTAX -FA 28 2.8と言うレンズ、古いブログを見直していて、持っていることに気付いて、保管庫をかき回してやっと見つけて、早速試写して見ることにしたのですが、自分的にはイマイチピンときませんが、シチュエ-ションが変わるとまた違った味を出してくれるかもしれません。

 で、このチョイスナップ・・・・・

e0339960_11273767.jpg
花畑からはみ出したオレンジ色の花
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX -FA 28 2.8


e0339960_11283636.jpg

日除けに植えられたゴ-ヤが実を付けました。
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX -FA 28 2.8


e0339960_11303739.jpg
マンマルマルの米茄子
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX -FA 28 2.8


e0339960_11315037.jpg

雨の日はお家の中でチャッカリ指定席に、野猫のニャンニャン
PENTAX istD S2 ・ smc PENTAX -FA 28 2.8







 

# by junkboxhiko | 2019-07-21 11:40 | Comments(2)
e0339960_09540511.jpg
PENTAX istD S2 ・HELIOS -44M 2/58

 小雨の休日の朝、ビニ-ル傘を差して朝の散歩に出かけました。先日撮り歩きしたカメラをそのまま持ち出しての撮り歩き散歩です。

 モチ-フはそこらあたりのたわいのない物ばかりですが、団地のブル-ベリ-、朝練の野球少年、黒いフェンスに絡んだ赤い朝顔など、等・・・

 カメラを持ち帰り、早速パソコンの前に座ったところ、なんと!! カ-ドリ-ダ-にSDカードが刺さったままではありませんか!

 カード無しのカメラを持ち出して、懸命にピント合わせをして、撮ったとばかり喜んでいたのでした! これぞほんとのヌカ喜びなり!!

 このところ、ミツバチの巣箱作りに時間を割いていて、ブログUPはツイツイ疎かにしていたので、作業も先が見えた事だし、一休みして、ブログでも書いてみようと、思っていたところの事故とも言えるミスであります。

 これがプロならば取り返しのつかないところでありますが、アマチュアの遊びで、事故にはならずに済んだという訳です。

 最近のカメラには、殆どがカ-ド挿入ミスなどは警告が出たりして起きないのですが、一世代古いカメラとなると、そんな警告なんぞ省略されていて、忘れる方が悪いとなっております。

 で、とりあえず、何か撮ってと言う事で、自宅の花畑の花でも撮って、取り繕って、ついでに最初のブル-ベリ-を撮り直しに行ったのですが、残念! 肝心の外灯は消されていて、全く雰囲気の違ったものになってしましました!


e0339960_10433010.jpg
雰囲気の違うものになった完熟前のブル-ベリ-
PENTAX istD S2 ・HELIOS -44M 2/58







 

# by junkboxhiko | 2019-07-14 10:31 | Comments(4)
e0339960_19302032.jpg
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58

 ベテランドライバ-にとっては避けて通れぬ嫌な道! このHikoさんにも遂にやって来ました。

 「認知機能検査・高齢者講習通知書」と書かれた、赤枠に白抜き文字の1枚の郵便物!!

 郵便物が届けられたのは数日前の事でしたが、その日の内に予約を入れ、本日、その認知症検査とやらに行ってまいりました。

 概ね要領は承知の上で臨んだ積りですが、やはり その場になると思いとは裏腹・・・・

 高得点とまではいかないまでも、10年前に脳梗塞を患って、認知機能が低下している身とは言え、得点値は上クラスの中間辺り?、80点を上回る点数を獲得して、まだボケてないとの実感を得た次第です。

 これも普段の生活で、ブログUP、ジム通い、写真の趣味、それに加えて日本ミツバチ捕獲から飼育、軽キャンパ-の製作などいろんなことに興味を持って実践してきた証かな?とも考えられます。

 まだ高齢者講習などを経ての免許更新となるわけですが、まずは第1難関突破で胸をなでおろいているところです。

 やはり、いくぶん緊張していたかに思え、早めの目覚めで、久々、早朝スナップを試みましたが、本日は PENTAX istD S2にツアイス ビオタ-のコピ-と言われているロシアンレンズ、ヘリオスの組み合わせと言う事で、フォーカシングは勿論マニュアルです。

 まだ薄暗い早朝の事、ピントの山がなかなかつかめない中での数カット・・・・・

 たまにはオ-ルドレンズを楽しむのもいい・・・・

 
e0339960_20054844.jpg
まだ明けやらぬ金剛山
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58


e0339960_20064479.jpg
団地の庭に咲いた白いはな(名前は花屋さんにお願い!)
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58


e0339960_20082485.jpg
フェンスから顔を出してご挨拶
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58


e0339960_20093841.jpg
アベリアの可憐な花
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58


e0339960_20103069.jpg
空梅雨で紫陽花もドライフラワ-ぎみ?
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58


e0339960_20114607.jpg
清掃車は朝早々と仕事です。ご苦労様!!
PENTAX istD S2・HELOS-44M 2/58






e0339960_19344455.jpg
RICOH CX3

 ここ九州北部の梅雨入り宣言は26日ごろと言いながら、午前中は朝方パラッと来たものの降り出す様子は見受けられません。

 日課のジム通いはお休みして、ミツバチの巣箱の改造に半日費やし、午後からはゆっくりしようと、居間のソファ-に寝そべってユタ~としていたところ、昼頃から降り始めた雨音に混じって、何やら騒々しい羽音に気付き、窓際から外を眺めると、ミツバチが乱舞しているではありませんか!

 先日分蜂したばかりなのに、それも、よりによってシトシト降り始めた雨の中を・・・・

 一応 確かめるべく、外に出て見て、空を見上げるとやはり分蜂の様です。

 行先を目で追っては見たもののこの雨の中、遠くへは行く筈がないとタカをくくって、見ていると一度は収まったようなので、家に戻って、暫くすると、また騒々しくなり、これは何処かに集結するはずと、アタリをつけて、先日留まった柿ノ木あたりを見ていると、やっぱりやって来ました!

 初めは柿ノ木の下の方に留まりかけたのが、前回と同じ場所に集まり始めたではありませんか!

 やり方は先日の段取り通りと、雨にも負けず捕獲準備をしていると、この日も丁度居合わせたオトキチ君が、「2か所に有るのを知ってるね?」と言って来ました。

 えっ!?と驚きを隠せず、その場に行ってみると、2015年に仕掛けて置いた集蜂板に蜂球を作っているではありませんか!

 2群が同時に分蜂した事の様です。それも、事も有ろうに、先日捕獲した同じ「第3群の巣箱」からで、普通では考えられないケ-スの様です。

 こうなると、雨の中 捕獲に夢中で、写真撮影どころでは無く、巣箱の工面から、捕獲の段取りと・・・

 午後からゆっくりどころか、大忙しになってまいりました!

 幸いオトキチ君が偶然居合わせたと言う事も有り、何とか一挙に2群の捕獲は出来ましたが、柿ノ木に集まった分は先日と同じ「追い上げ式」で巣箱を固定して追い込んだので多分居付くと思われますが、集蜂板の分は強制捕獲でしたので、2~3日様子を観なければ、ぬか喜びになるかもしれません。

 今回の2群捕獲で、我が家の日本ミツバチは総勢7群と言う事になった訳ですが、誰かさんが言っていた、「ハチだから最低8群は欲しいですね!」は、もう夢ではなさそうです! あと1群!!

e0339960_20242162.jpg
2015年に設置していた集蜂板、これに蜂球を作りました!
RICOH CX3

e0339960_20260306.jpg
別の群れは、先日留まった柿の幹に集まりました。
RICOH CX3

e0339960_20274899.jpg
急遽準備した巣箱に強制収容!(集蜂板の分)
RICOH CX3


e0339960_20300338.jpg
以前から設置ししていた巣箱(巣門箱を本日改造したばかり)
柿ノ木の幹に留まったのを追い込んで自ら自然に入りました。
RICOH CX3

e0339960_20334160.jpg
雨の中、この巣箱から一挙に2群が分蜂しました!(先日分と合わせて3群分蜂!)
RICOH CX3

# by junkboxhiko | 2019-06-26 20:37 | Comments(6)
e0339960_13580679.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 一昨日の九重山歩きの疲れがまだ残っている様なので、本日のジムはお休みにして、のんびりしていたところ、「ミツバチが来たよ!」と、外で大きな声がしたので、急いで外に出てみたところ、確かに沢山の日本ミツバチが曇り空の空中を乱舞していて、「5月2日に捕獲した第3群の巣箱に入っている」と言うではありませんか!

 既に入居している巣箱に入る訳がないと直感的に分蜂かなと思い、それにしても少し早すぎる・・・

 入居が5月2日だから、まだ、47日しか経っていません!

 半信半疑のまま、蜂の行方を目で追っていると 遠くへは行かずに、我が家の柿ノ木の上あたりに大群が舞っている様なので、柿ノ木のどこかに蜂球を作ると判断して、「柿ノ木にとまってないか?」と家人に声をかけて、探してみると やっぱり居ました!
 
 蜂球の形になる前の状態で、一塊になったミツバチの群れを発見した瞬間です。

 さて、どのようにして捕獲するか 思案の末に選択したのが、巣箱の上の部分を取り外してその巣箱に追い込む作戦です。

 つまり、ミツバチの塊りの上の方に巣箱を固定して、木片でコツコツと柿ノ木を叩くとハチは上へ上へと移動し始めます。

 箱を下に置いて強制的に掻き落とすと言ったやり方もあるようですが、蜂自体が自ら移動した方がダメ-ジも少なく自然入居に近いと言う事で、この方法を選んだのですが、全員移動にはかなりの時間を要します。

 おりもおり、丁度居合わせたオトキチ君に手伝ってもらっての作業で、てぎわよく全員追い込みに成功し、あとは底蓋をして、あらかじめ据え付けて置いた巣箱に乗っけて、底蓋の部分を引き抜くだけ・・・・

 ミツバチは早速出入り開始し活動し始めたので、これで2~3日様子を観て、逃亡しなければ本年5群目の捕獲と言う事になります。


e0339960_16173388.jpg
巣箱をハチの塊りの上の方に固定して、柿ノ木の枝を木切れでコツコツ叩きます。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_16184793.jpg
時間をかけて全員巣箱に移動した様です。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_16215364.jpg
設置していた巣箱に重ねて屋根も取り付け・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16232604.jpg
暫くするとハチは巣箱を出入りし、活動し始めました。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




 


e0339960_20142628.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 毎年、花の時季に合わせてスケジュ-ル調整をしてミヤマキリシマ登山を励行していたHikoさんでしたが、今年は所用が重なって、一週間遅れとなってしましました。

 もう花の時季は過ぎたと思いながらも、やっぱり気になって九重の山歩きをやる事にしたのですが・・・・

 今年は、花がダメなら趣を変えて、若い時に良く歩いたル-トを選んで、「雨が池越え」のコ-スを歩いて見る事にしました。

 以前は、お散歩コ-スだったこのル-トも、この最近に降った、何度かの大雨に痛めつけられ、コ-スは数年前に訪れた時よりもさらに荒れており、登山道には頭くらいの大きな石がゴロゴロ、また、人の手までが加わって木造の階段までが出来ている始末で、まったく別のル-トを歩いている様な錯覚さえ覚えながら、雨上がりのズルズル道を、ひたすら「雨ケ池」目指して歩けあるけ・・・

 気温はこの時季にしてはやや低めでウエザ-コンディションは上々でしたが、肝心のHikoさんの筋力の衰えは如何ともしがたく、花の期待も薄いと言う事で、「雨が池」から少しばかり足を延ばして、せめて「坊がつる」の見えるロケ-ションまで行って、この日の工程はUターンとの決断をしました。 
 
 山を下りてからは温泉にでも浸かって、酒でも食らって車中泊と言う事になりますが、この日は休日と言う事も有ってか、駐車場は満杯!

 ここでは、また旅の達人との再会も有り、新しい仲間も出来て、駐車場での車中泊とは言え、キャンプ場さながらのたのしいひと時が持てたと言う山旅でした。


e0339960_18474432.jpg
かっての「雨が池越え」のル-トにはこの様な岩場は無かったのに・・


e0339960_20585605.jpg
木道もきれいに整備された雨が池
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_21004004.jpg
雨が池の由来(大雨の時にはこんな風に池が出現すると言う・・)
案内板より拝借

e0339960_21021806.jpg
眼下に見える坊がつる
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_21032257.jpg
車中泊仕様の車で一杯になった駐車場
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_22085184.jpg
湿原に咲くアザミ
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




# by junkboxhiko | 2019-06-17 21:12 | | Comments(4)

e0339960_11531321.jpg

 
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 アジサイを撮るなら、雨の日にと 雨の日を待ちわびながら時間はどんどん過ぎて行き、しびれを切らして撮ったのが、「スミダノナガレ」 アジサイの中でもHikoさんお気に入りの一品?です。

 やや時季外れ?のミヤマキリシマも気になるところで、やればきりがない我が家の植木の剪定作業にも一区切りつけて、心は既に九重にありと言ったところで、予定していたその日の天気予報はあいにくの雨マ-ク!

 梅雨に入ったか?まだなのか?分からぬままのこの天気!
 これと言った話題も無く、ブログアップも滞りがちと言ったところで、折角咲いた季節の花でもUPして見る事にしました。

e0339960_12184343.jpg
季節の花「スミダノナガレ」
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_12195423.jpg
ついでに撮った畑のユリ
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_12203088.jpg
ユリのすぐ横に咲いていました!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_12213670.jpg
忙中閑ありの手慰み・・・
建築廃材で作った即席濡れ縁!(朽ちかけた既設の濡れ縁の上にボードを乗っけて、テンビン防止に有り合わせの角材を差し込んだだけ!)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70



 

e0339960_17065223.jpg

RICOH CX3
 
 今年の我が家は日本ミツバチの当たり年?で平成から令和にかけて4群の日本ミツバチ捕獲に成功しました!

 1群目の捕獲は「4月16日」で、この巣箱は巣の伸びが早くて既に2段追加して9階建てのタワ-マンション風になっており、2群目はと言うと、「4月22日」に捕獲していますが、この巣箱はここを第1タ-ゲットとして、最初から7階建てにしておいたのですが、群れが小さくて巣の伸び方もゆっくりゆっくり・・・

 令和に入ってからは、3群目が仮設住宅の様な仮置き巣箱に「5月2日」に入居したので、2度ほど増築を行って、現在は8階建ての高層住宅になっていますが、この群れは2群目に比べると3~4倍くらいの大きな群れで、大勢で働くので巣の成長も著しくはやく巣箱の増設は2回に分けて4個ほど継ぎ足しています。

 残る4群目は平均的な群れのようですが、これは今季最後となるであろう捕獲で「5月7日」に入居です。

 期待された5群目の探索蜂は2日続けてやって来たもののHikoさんに気を持たせながら、それっきりやって来なくなり、Hikoさんの期待を裏切ってしまいました!

 で、本日は、4群目(5月7日)捕獲の巣もかなり伸びてきたようなので、これに継箱をすべく、朝から観察窓付きの巣箱1個を制作し、待ち箱に置いてある巣箱を解体して、1個拝借、この2個の巣箱をガムテ-プで合体させて、5階建てのアパ-トに差し込んで、7階建ての高層住宅に格上げしました!

 えっ!何故って? Hikoさんにもよく解らないのですが、巣を作るスペ-スが無くなりそうになると、日本ミツバチの性格上、別の場所に移動と言う事になりかねない。

 つまり、広々した居心地のいい場所を探して、今まで造った巣を捨ててでも、新天地へと逃避行する様です。

 折角捕獲した貴重な日本ミツバチのご機嫌を損なわないためにも巣箱の増築は必要と言う事です。

 まぁ~ 蜜が採れる頃になれば、上から順に巣箱を外せますので、巣箱は天まで届くと言う事は無さそうですネッ!。


e0339960_18025404.jpg
今迄は5階建てアパ-トでしたが・・・
RICOH CX3

e0339960_18122343.jpg
7階建ての高層住宅に・・・
RICOH CX3

e0339960_18132899.jpg
巣箱の上にあるモミジの樹の枝に滑車を取り付けて・・・
RICOH CX3


e0339960_18151651.jpg
巣が伸びた部分まで巣箱を吊り上げました。
RICOH CX3

e0339960_18164183.jpg
巣落ち防止棒を見ると、上から3段目まで伸びているのが確認できます。
RICOH CX3

e0339960_18185697.jpg
前もって準備しておいた継箱(観察窓付き・窓無しの2個)を差し込みました。
RICOH CX3

e0339960_18223599.jpg
強烈な西日除けにスダレも掛けました。
RICOH CX3

e0339960_18240001.jpg
ハチさん達は何事も無かったかのようにいつも通りに蜜や花粉を運んで来ます。
RICOH CX3





















e0339960_18205421.jpg
RICOH CX3


 下見にまで行ってきた わが青春のクラス会、料理長の急逝により
怪鳥もなかなか重い腰が上がらず、延び延びになってしまって、もうこれで打ち切りか? と、皆が感じていたのではないかとHikoさんも半分諦めかけていた と、その時の事、九重を訪れた折に一杯やって、上機嫌の勢いに乗って掛けた電話がきっかけで、浜の住人の九州帰省の情報を得て、地元のクラスメイトにお声がけ、浜の住人のスケジュ-ルに合わせて、急遽 昼食会を兼ねてのミニクラス会を行いました。

 3年間 同じクラスで同じ釜の飯は食った覚えはないが、同じ青春時代を送ったクラスメイトとの再会は、昼食会だけでは物足りず、食事を済ませたその後も、それぞれ話は尽きることは有りません。

 この年代になると、マイカ-での移動にも限度があり、クラス会も形を変えて、時折 集まれる人たちだけでも、残りの青春を語りあえるメンバ-の集い? は続けて行きたいと思った瞬間でもありました。

e0339960_18585371.jpg
黒崎駅 最寄りのファミレスでの食事会
RICOH CX3


e0339960_19004869.jpg
食後、店を出ても話は尽きず・・・(駐車場で)
RICOH CX3


e0339960_19024556.jpg
長崎街道(旧街道)松並木の石垣に腰を降ろして・・・
RICOH CX3



e0339960_19042112.jpg
浜の住人の次の予定の時間ギリギリまで・・・・
RICOH CX3



e0339960_09292101.jpg
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70



  暫くは日本ミツバチ捕獲に奔走していてブログを書く事もままならなかった?Hikoさんでしたが、行楽シ-ズンを迎え軽キャンパ-でのお出かけも気になっていたところに、会員制の久住高原コテ-ジより格安料金のお誘いを受けて、渡りに船とばかりに即予約をして、久々に九重を訪れる事にしました。

 初夏の九重は新緑眩く、何度訪れても季節ごとにその表情は豊かで、飽きることを知りません。

 行きは耶馬渓を経由して旧友のお顔を拝顔?して、長者原の駐車場で一休み・・・

 ここでは、またまた旅の達人と4度目?の再会! 達人のお歳はなんと、85歳との事! 相変わらず車旅を楽しんで余生を楽しく生きておられるようでした。

 第1日目は天気も上々、勝手知ったるコテ-ジでは温泉で足腰延ばして旅の疲れをゆっくりとって、格安料金とは言え、地ビ-ル付きの洒落た会席膳の夕食に舌鼓を打って、部屋では友人差し入れの美酒に酔い、言う事なしの旅と言ったところでした。

 が、2日目は長者原駐車場での車中泊を予定していたところ、天候は思わしくありません。

 このまま帰るには心は残る? 強い風、小雨の中、タデバル湿原散策を強行! その後、温泉にでも浸かってと、近くの温泉へ・・・

 風はさらに強まり、駐車場には車も疎らで、帰るには時間的に遅くなってしまうと言う事で、とりあえず、家内は夕食の準備にとりかかり、Hikoさんは早ばやと一杯やり始め、もう後戻りはできません! 強風の中での車中泊を強行する羽目になりました。

 幸い、テレビはしっかり映るロケ-ションにあり、食事をしながらゆっくり? テレビ鑑賞ですが、時折、軽キャンパ-は強風にあおられながら・・・

 寝袋に潜り込んで、目を閉じても寝台列車のごとく揺れる車になかなか寝付けないまま、朝を迎えましたが、この日もあいにくの雨!

 朝食もそこそこに帰り支度で、早めの帰宅の途に就いたと言うお粗末! 長い人生の中、時にはこんな経験もありと言ったところでしょうか・・・・

 マッ! 九重登山で強い雨風に遭遇、ずぶ濡れの経験からすると、屋根があるだけで、まだまだ軽い軽い!

 佳い思い出作りが出来たと強がりも言ってみましょうか・・・・

 

e0339960_10394247.jpg
通いなれたる九重も時それぞれ異なる表情・・・
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10413291.jpg
タデバル湿原の木道
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10422726.jpg
眩い新緑
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10432654.jpg
清流もあり・・・
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10440737.jpg
晴れたり曇ったり小雨も、風強し・・・
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10450906.jpg
湿原に咲く黄色い花
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10461598.jpg
小雨の中登山者はもろともせず、この山へ向かいました。
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10483766.jpg
道路沿いに咲く山藤
Sony α100 ・ AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_10493447.jpg
房は短め?山藤です。
Sony α100 ・ AF MINOLTA 70-210 4





e0339960_20435958.jpg
新緑の中の山藤
Sony α100 ・ AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_10521110.jpg
友人差し入れの限定焼酎!阿蘇五岳を背景に・・・
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10555915.jpg
旅の達人は健在でした。
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70


e0339960_10564644.jpg
これぞ、年季の入ったパラボラアンテナ!
PENTAX K-5 SIGMA DC 17-70




e0339960_17305212.jpg
追加:タデバル湿原木道入り口の山藤
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70







# by junkboxhiko | 2019-05-19 10:33 | | Comments(10)
e0339960_16223431.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 元号が平成から「令和」に変わって、我が家でのトップニュ-スは、日本ミツバチの捕獲に成功したと言う事であります。

 なんと! 
今シ-ズン第3群目の捕獲と言う嬉しいニュ-スであり、群れの大きさも第2群に比較すると2倍くらいあると思われる強群の様です。

 じつは、今回 入った群れは、以前、淡水魚の水槽の有った所で、水槽の水漏れで、長く放置していた場所に水槽設置の際のコンクリ-トブロックの基礎をそのまま流用と言う事で、巣箱は建築廃材をどうにかこうにか寸法合わせして作ったもので、継ぎ箱の予備として何とか使えそうな、不揃いな箱の置き場に困って、巣箱置き場兼仮設住宅?の様な、言わば即席仮設住宅のような日本ミツバチ捕獲巣箱でした。

 巣箱は不揃いであるが故にガムテ-プで何とかごまかして重箱式を積み上げていますので、捕獲した蜂が落ち着いた頃合いを見計らって、改築を強いられる事も覚悟しなければ・・・・

 何はともあれ、蜂が入ってしまえば後はどうにでもなるとの算段ですが・・・・

 この群れの捕獲の日に、別の巣箱にも探索蜂がやって来ていたので、本日も楽しみに本隊を待っていましたが、マチボウケで1日費やしてしまいました!

 ヤッパリ自然を相手にすることは、なかなか思い通りにはいかないですね~・・・


e0339960_17351311.jpg
令和元年5月2日探索蜂がやって来た!(11時頃1~2匹来て、12時ごろまでには数も増えて)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




e0339960_17375048.jpg
探索蜂の数が徐々に増えたかと思ったら、本隊はいきなりやって来ました!(午後1時45分頃)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




e0339960_17393598.jpg
大所帯の蜂たちは、いきなりやって来て、巣箱へ吸い込まれるように入って行きます!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




e0339960_17420152.jpg
こんな光景は滅多にはお目にかかれないと、日頃、無頓着な人もあっ気にとられて・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




e0339960_17452348.jpg
乱舞とはまさにこの事!! (午後2時頃)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70



e0339960_18014950.jpg
日が暮れてそ~っとカメラを差し込んで撮って見たら、なんと
前回の2倍以上?の群れでした!
RICOH CX3









 

 

 


e0339960_15460708.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 北九州市八幡西区香月に吉祥寺と言うお寺があって、近隣の人達はキッチョさんと親しみを持って呼んでおり、毎年4月27・28・29日に藤祭りが開催されております。

 Hikoさんちから車で10分位走った距離ですので、だいたい毎年藤観かたがた通っているのですが、この日はあいにくの雨!

 祭り明けに訪れると言う手もあるのですが、折角 行くのであれば、やっぱり祭りの期間中の方が雰囲気も味わえると言う事で、出かけて見ました。

 雨の日とは言え、参道の両脇には出店が ところ狭しとずら~っと並んでいて、お小遣いを貰ってやって来たであろうチビッ子グル-プなんぞは、雨など関係ない! と、お祭り気分を楽しんで居る様です。

 何分にも傘をさしての事、行き交う人を気使いながら参道を登り詰めたところの境内には、さすがに人影は疎らでしたが、境内イッパイに広がった 見ごろを迎えた藤の花が出迎えてくれ、長く下がった藤を気遣いながら傘を差したりたたんだりしながら境内を一周して、今年もキッチョさんの藤祭りを味わう事が出来ました。

 お天気のいい時には敷物を広げて、お弁当持ち込みで酒盛りなどの光景も見かけるのですが、さすがに雨ではそれは有りませんね~

 シットリ濡れた藤の風情もなかなか好いもので、出店のオ-ナ-には気の毒ですが、雨の日の藤祭りもそんなに悪くは無い! と、言ったところでした。


e0339960_14550658.jpg
雨に濡れシットリ下がった藤の風情はなかなかいい・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_15475960.jpg
雨具を着てのカメラマンも・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_15495436.jpg
提灯が祭りの雰囲気作りに一役かっています。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_15520169.jpg
雨の日だからこそ中年?相合傘・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_15534410.jpg
傘を差して行き交う人・人・人
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_15563212.jpg
やっぱりこの人も居ました! 雨の中ご苦労様!!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70







 

e0339960_12443855.jpg
石垣島←→西表島 水牛車
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70(CONTAX 137 ・Tesser 45 2.8 で撮影複写)

 平成の最後のジャンクBOXは、Hikoさんの この時代の出来事をチョット振り返ってみようと思います。

 小渕さんが平成と書かれた額をかざして「元号は平成です」と言ってから30年間、長かった様で短かったような、その平成元年の真夏の事、記録を観れば7月11日から約1週間の間、当時はアクティヴにオンエア-していたアマチュア無線の21メガ帯の無線仲間の誘いで、急遽思い立って、石垣島の友人のもとを訪ねました。

 石垣島には数人の無線仲間が居て、盛大な歓迎を受けた事は、なんと言ってもHikoさんにとっては、最大な出来事だった様に想います。

 無線仲間の事については、沢山の思い出話がありますが、インドネシアからの友人の来訪もその一つ・・・・

 多趣味を地で行くHikoさんの事、カメラにのめり込む事、平成時代はライカウイルスにも感染したり・・・

 ブログ開設もこの時代からで、ブログを通してのかけがえのない友人も出来て、交流も続いています。

 一時期は振り子時計にうつつを抜かして、集めた数は20体余りにも及び、掛けるところが無くなって、やめざるを得なくなったと言う事も有りました。

 10年前くらい前から、身体がオバ-ヒ-トしたらしく、各所に故障も抱えながら、病院通いも生活の一部となりましたが、ジム通いなどで、なんとか息災に平素の生活を保っているところです。

 時には、自宅を開放して、ホ-ムコンサ-トを企画して見たり、Hikoさん流のパソコン教室も頭の体操を兼ねて楽しくやったりで・・・

 ごく最近はケイキャンパ-作りやら、日本ミツバチに熱を上げて、巣箱つくりに、捕獲から飼育まで・・・

 元号が変わってもHikoさん流の生き方は変わる事は無いと思われますが、変わるとすれば年の数!

 TV放送では、もはやカウントダウンまで始めたようですが、彼らは彼らなりの仕事だから?

 と言う事で、駆け足で振り返って、平成元号さようなら!


e0339960_13372621.jpg
暑い所には暑い時にこそ、その魅力があると言ったハム友と・・・
エメラルドグリ-ンの石垣の海!(平成元年7月)
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70(CONTAX 137 ・Tesser 45 2.8 で撮影複写)

e0339960_13591570.jpg
平成31年4月16日に捕獲した蜜蜂の今朝の状況、巣はかなり伸びています。
RICOH CX3

e0339960_14015103.jpg
観察窓から覘いて見たら・・・
RICOH CX3


e0339960_15424857.jpg
ブログ友のブログより


e0339960_15450775.jpg
ヒデ君の百名山より



e0339960_15480595.jpg
アマ無線ロ-カルさん提供


e0339960_15545507.jpg
トノウエイン


e0339960_15562112.jpg
ジム通い


e0339960_15583483.jpg
同い年のバスハイク


e0339960_16003291.jpg
Hikoさんもあやかりたい?



e0339960_16070076.jpg
作品 清水邸


e0339960_16082564.jpg
旅先で、浜の住人提供











 



e0339960_10231503.jpg
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO

 雨が降ってたシトシトと 或る日の朝の事だった・・・♪
ディック・ミネの「或る雨の午後」をチョットもじっての小雨の中でのスナップショットです。

 世間では10連休 と、お出かけやお遊びにお忙しい輩を尻目に、連休には縁のないHikoさんはと言うと、普段通りの生活ではありますが、あいにく、ジムもお休みと言う事で、ひさびさ小雨の中でのスナップでもと、先日、α100に付けっぱなしにしておいた、MINOLTA 100 MACRO での試写を思い立ちカメラを持ち出しました。

 寒の戻りで、うすら寒い小雨の朝の事ではありますが、木々は花を咲かせ、実を付けて短い?春をアピ-ルしているようです。

 そんな春の、或る雨の朝のスナップ!


e0339960_10544441.jpg
ヒラドツツジ (白妙 しろたえ)
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_10561873.jpg
ヒラドツツジ(タカネシボリ?)
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_10574324.jpg
モミジも伸び始めました
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_10583662.jpg
開花直前のキンリョウヘンの蕾
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_10593662.jpg
レモンの蕾
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_11003065.jpg
レモンの花
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_11010651.jpg
ヒラドツツジ(オオムラサキ?)
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO


 
e0339960_11022968.jpg
雨にぬれても? ニヤン!
Sony α100・ AF MINOLTA 100 MACRO









# by junkboxhiko | 2019-04-29 11:06 | Comments(0)
e0339960_20182969.jpg
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


 日本蜜蜂の捕獲に向けて、我が家の敷地内での候補地選びで、Hikoさんが目を付けたのが、パソコンや無線機の有る いわばHikoさんの指定席とでも言うシャックから、常に観察出来て、夏は涼しく、冬は暖かい陽射しを受ける落葉樹のしたで、居間のすぐ脇に在る坪庭の一角であります。

 この場所だと、巣箱が庭の添景物にもなり、違和感も感じることなく、ミツバチにとっても過ごしやすいであろう棲み処にもなりそうと言う事で・・・

 と言う条件のもと、昨年から準備を進めてお客の入居待ちと言った巣箱に、第1群目捕獲の直後から、誘引剤も移設して、内装も蜜蝋をたっぷり塗って、準備を整えていたところ、準備完了の日から、なんと!1週間足らずで、短期間での新入居と相成りました。

 前回の第1群捕獲の3日目での最短記録には及びませんでしたが、それでも、4月13日に始まり、4月22日までの間での2群捕獲と言う事は、まさに首尾は上々と言ったところ? でしょう・・・・

 誘引剤の効果が功を奏したと言う事はぼぼ立証され、効力の期間は約45日間くらいと言う事で、使い廻しは、まだまだ、6月頃までの分蜂期間中には使えそうなので、欲張って第3群目も狙って見ようと意欲を燃やしているところです。


e0339960_21072169.jpg
誘引剤を取り付けて、暫くしたら、探索蜂がやって来た!
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_21100289.jpg
探索蜂が居なくなったと思いきや、暫くすると本隊を引き連れてやって来ました。
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70



e0339960_21134066.jpg
今回も誘引剤の効果ありのようで・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER


e0339960_21151282.jpg
入居完了! どうやらこの新居が気に入ったようです。
RICOH CX3


e0339960_07161911.jpg
窓際の指定席から観察出来て、坪庭の添景にも一役かってます。
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70




e0339960_16482228.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


 日本の新元号を目前に、平成年度最後の平成31年のこの春の事、分蜂を目前にして、ハチミツの置き土産をしながら消滅してしまった我が家 唯一の日本蜜蜂でしたが、同じ場所に、今まで使っていた同じ巣箱をバーナ-で炙って消毒してから、前もって準備しておいた誘引剤を取り付けて据え付けたところ、事も有ろうに、設置からたったの三日で別の群れがやって来たではありませんか!これは、先刻ブログUPしていますが・・・

 入居は2019.4.16.午後2時過ぎに探索蜂がやって来てから、待つことおおよそ3時間、午後5時頃に羽音を響かせて、辺りが薄暗くなるほど?の数の本隊が突然やって来ました。
 
 全員入居までには、なんと夕暮れ近くまでかかりましたが、これに味を占めたHikoさんは次の日から、既存の巣箱の手入れと消毒、誘引剤も付け替えて、第2群の捕獲にむけて闘志を燃やし、昨日、今日と、蜂の行動を監視していましたが、一昨日には新しく設置した巣箱へ探索蜂らしきものがやって来て巣箱を出入りして、Hikoさんに気を持たせ、昨日も同じ偵察隊とみられる蜂が数匹巣箱を出入りしていたので、本日は間違いなく本隊もやって来ると確信して、朝から見張っていたところ、どう言う訳か、 昨日の様に探索蜂は巣箱にはやって来ません!?

 日本ミツバチの行動はまさに不可解極まりないと言ったところを、まざまざ見せつけられ、ガッカリさせられた瞬間です!

 このまま、いい天気の休日をガッカリで終わるのは勿体ないと気持ちを切り替えて、蜜集めに忙しいミツバチの撮影でもやるかとカメラを持ち出しました。

 レンズはマニアの間では、今なお人気のMINOLTA 100 MACRO を使って見たくて・・・

 ボディ-は当然手持ちのSony α100、 一昔前の旧式ではありますが、手ブレ補正はボディ-内にシッカリ搭載されており、この辺はNikon やCanonも及ばないところです。

 で、ブンブンブン蜂が飛ぶ♪を口ずさみながらのショットですが・・・



e0339960_17542302.jpg
白菜の花にブンブンブン!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_17555342.jpg
小さな花に小さなミツバチ
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_17570319.jpg
羽を広げてブンブンブン♪
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_17585055.jpg
ハチがとぶ♪
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_18001881.jpg
先日、入居したばかりの我が家の日本蜜蜂も花粉をせっせと運んでいます。
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO








e0339960_20421052.jpg
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105


 つい3日ほど前の事、日本ミツバチ捕獲の再挑戦をすべく、準備を整えて毎日観察をしていたところ、なんと! 本日、午後2時頃、探索蜂が2~3匹、巣箱の回りをウロウロ飛び周っているではありませんか!

 そのまま目を離さず見守っていると、巣箱に入ったり出たりを繰り返し、巣箱の中の様子を調べ始めました。

 その後、蜂数もだんだん増えて、10匹はゆうに超える数になり、時間にして約1時間ほど、巣箱の調査を終えたか?1部は中に残り、別部隊は本隊へ連絡のためか? 飛び去って巣門付近から2~30分位居なくなってしまいました。

 Hikoさんの予備知識で、探索蜂は探索中に1度居なくなってしまう事は先刻ご承知で、慌てることは有りません。

 後は本隊を引き連れて再来するのを待つのみですが、これが何時とは決まっておらず、ミツバチの気分次第と言ったところの様で・・・

 待つこと約1時間?いやそれ以上? 時計を見ると午後5時をまわっています。

 もうすぐ日暮れと言う時の事、先に野暮用をか片付けて、フト空を見上げると、待ちに待ったミツバチの大群?が、辺り一面羽音を響かせ、飛び回っているではありませんか!

 歓喜の瞬間です!

 誘導係のミツバチが、巣箱目掛けて先導すると、全員続いて押すな押すなの大混雑で、 小一時間かけて巣箱へ収まりました!

 日が暮れて、ミツバチが落ち着いた頃を見計らって、巣門の高さ調整をして、これは、宿敵スズメバチ対策と言う事で、小さなミツバチは通り抜け、大きなスズメバチは通センボ!

 捕獲は無事完了しましたが、ここから、来春の分蜂期まで、また楽しくもあり、大変なお世話が待ってます。

 昨年の教訓を参考に、今度こそ分蜂まで漕ぎつけたいところです。

えっ? ハチミツはって? 上手くいけば、今年は9月ごろに1度くらい 採ってみようかな・・・

e0339960_21385526.jpg
探索蜂がやって来ました。
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105


e0339960_21400548.jpg
誘導係に巣箱へ導かれ・・・
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105


e0339960_21435320.jpg
押すな押すなの大混雑!
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105

e0339960_21455572.jpg
全員無事に巣箱入りした様で・・・
RICOH CX3







 

  


e0339960_15132141.jpg
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70


 昨年5月に入居した日本ミツバチ、昨年暮れからの原因不明の子出しから、働きバチの大量死により、1年間大切に飼育して来た日本ミツバチが分蜂を目前にして、ハチミツの置き土産をしながら消滅してしまいました!

 採蜜の様子などは先日のブログにUPしたところでしたが、このままでは終われないと、別の日本ミツバチ群を捕獲すべく、再挑戦にむけて準備を整えたところです。

 病虫害の事も考慮して、蜂箱の総入れ替えも考えてみましたが、既に分蜂期に入っている時季と言う事も有って、なるべく手間をかけずに、直ぐにでも巣箱の設置と言う事を最優先に考えて、採蜜を終えた巣箱を再利用する事としました。

 巣箱の再利用にあたっては、全の箱の内面をガスバ-ナ-でくまなく炙って、まさに火炎消毒なる物を施して、元通りに積み重ねて、分蜂に備えて準備しておいた、蜜蝋を巣箱の天板や巣門付近にたっぷり塗って、さらに誘引剤を取り付けて、誘引剤が発するフェロモンで日本ミツバチをおびき寄せる作戦です。昨年買っておいたキンリョウヘンも蕾を付け始めたので、それも一緒に並べての多重作戦です。

 巣箱の設置場所は、蜂が一度入った場所には再度入る確率が高いと言われていますので、これも前のままですが・・・・

 はたして、思惑通りに事が運んでくれるかが、問題です。

 誘引剤の効果は約45日間位だそうで、キンリョウヘンはと言うと開花時期はさらに短く、その間に分蜂群が飛来してくれる事を祈るしかありません。

 すべからく趣味に限らず何事も、その過程が面白いと言われていますが、過程も面白いが、結果が出るとさらに病みつきになるというもの!

 全て持ち合わせた手は打っては見ましたが、ハテ、三度目の正直と言うのに有りつける事やら・・・・


e0339960_16062262.jpg
巣箱の内面はくまなくガスバ-ナ-で炙って消毒しましたが・・・
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16092841.jpg
白い丸いのが誘引剤(代引き込みで4160えん也)
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16114164.jpg
キンリョウヘンの花芽も付き始めたようで・・・
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16124303.jpg
西日除けにモミジの苗木を植え付けました。
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16161153.jpg
倒壊防止にロープも張って・・・
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70







 

# by junkboxhiko | 2019-04-13 16:17 | Comments(2)
e0339960_19583153.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 昨年の五月に待望の日本ミツバチが入居して、無事に暑い夏をなんとか乗り越えて、秋を迎え、この分だと順調に事は運んでいるものと思われ、春の分蜂期が待ち望まれていました。

 ところが、冬に差し掛かった頃から、子出し(幼虫を巣から出す)が始り、それも毎日の事で、Hikoさんとしてはなすすべもなくただ見守るだけ・・・・

 小一ケ月も続いた子出しもようやく収まったかと思うと、今度は働きバチが次々と死に始めました。

 働き蜂の寿命は約1ヶ月位と聞いていましたので、寿命が尽きたかなと思っていましたが・・・・

 成虫の寿命がつきると次の幼虫が羽化して活動を始めるところ、予備軍はすでに、羽化を前にして巣から出してしまわれている事から、次に出てくるはずの蜂は既に消滅してしまったようです。

 それでも、巣箱を暫く観察していたところ、わずかな残党が常時巣箱から出入りしているのが確認されていたので、わずかな望みを抱いて居たところ、この2~3日前位から、天気のいい暖かい日にも姿を見せなくなりました。

 残っていた僅かな残党も自然の成り行きで、寿命が尽きたかな?と思いながらも諦めきれずに、その後4~5日は観察は続けていたにもかかわらず、一向に蜂の姿は見えません。

 自然のおきては厳しいな~と思いながらも、もしやと思い、昨年蓄積した蜜が残っているかもしれないとの思いと内部の様子の確認もしてみたいと、決断を強いられる時でもあります。

 もし、蜜があるとすれば、このままだと蟻等の害虫に食い荒らされるに違いないとの思いもあり、このタイミングが良いのではないかとの決断で本日御開帳!

 開けてビックリとはまさにこの事!

 なんと、蓄えられた蜜がビッシリ詰まっているではありませんか! 開けてみて思ったことは、昨年9月ごろ継箱をした際になんらかの異変があった様で、それっきり巣は成長することなく、変色した状態でした。

 わずか半年足らずで集めた大量の蜜はそのままにして、姿を消してしまった日本ミツバチの置き土産は味は濃く、めったに口に入らぬ貴重品! 親しい友人達にもおすそ分けして、大切に頂きたいところです。


e0339960_21291788.jpg
居なくなった蜜蜂の置き土産!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_20581380.jpg
上から3段目まで、蜜はびっしり詰まっています。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_20594066.jpg
昨年9月のままで巣は成長していません。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_21005208.jpg
この辺りで異変があったような??
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_21014329.jpg
キラキラ輝く天然ハチミツ!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70










# by junkboxhiko | 2019-04-08 21:06 | Comments(6)
e0339960_16254391.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 今年に限って開花が遅れた公園のサクラもやっと満開を迎え、途中で花冷えもあった事で、桜シリ-ズを長きにわたってブログを飾ることが出来ました。

 人影の少ない公園の一角にある遊具には、温かい春の日差しを浴びて、親子づれが満開のサクラに囲まれて、微笑ましくこの春を楽しんでおり、まさに春爛漫とはこのこと・・・・

 この公園のサクラについては、Hikoさんが現役の頃に植え付けたと言うことも有って親しみも一入です。



e0339960_16483551.jpg

満開の桜の中、遊具で遊ぶ親子連れ・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




 

e0339960_14564544.jpg
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4


 昨日の花冷えとは打って変わって絶好の花見日和となりましたが、我が家での花見はナシ! 代わりと言っては何ですが、我が家の自慢の百年桜は青空のもと見事に満開を迎えたので、その様を写真に撮って見る事にしました。

 月、火、水、と三日続けたジム通いは休みをとって、もともと、ジム通いは週4回位と決めてましたので、過ぎたるは及ばざるがごとしで、中休みと言ったところです。

 で、その中休み中の作業はと言えば、テンネンさんのブログサイトのココログがリニュ-アルした際に画面の様子が一変して、文字は何とか入ったものの、画像がどうしても入らないとHikoさんにヘルプ要請がかかりました。

 その対応に、午前中を費やして試行錯誤で、なんとか画像は入る様にはなりましたが、オペレ-タ-チェンジで旨く行くかが問題です!

 折しも、作業が一段落したところ、ダンディズムを地で行く友人が散髪帰りと言う事で、Hikoさんのパソコン作業の姿を見かけて、立ち寄ってくれました。

 暫く会っていない同級生との会話はいろいろあって話はつきませんが、会話中の一枚! 男のポ-トレ-トを撮らせていただきました。

 若い頃には、かわいこちゃんを追っかけて? 撮影会など、人物写真を得意としていたHikoさんでしたが、最近では人様にカメラを向けると、個人情報云々で、知らない人にはカメラを向ける事すらできなくなりました。

 で、今回、樹齢百歳以上の桜の古木と合わせて、百歳とは言わないが、それなりの年を重ねた男のポ-トレ-トも・・・・


e0339960_15450721.jpg
若い時には大モテ?! 今でも彼はダンディズム・・・
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4


e0339960_15492225.jpg
古木に咲いた桜花爛漫!
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4



e0339960_15512612.jpg
百有余年は経つ桜の古木 我が家のシンボルツリ-
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4





 

e0339960_11200125.jpg
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4



 3月末ごろには小春日和が続いて桜の硬い蕾も一気にほころんで、花も見る見る開いて、絶好の花見日和が訪れるかと思いきや、上空に寒気とやらが張り出したようで、満開を迎える直前になって花もちじこまって、場所によってはまだ多くの蕾も残っているようです。

 朝の散歩で、近くの公園を覘いて見ると、朝日を受けた桜の花は、まだ今一つ、パッと咲いた桜を期待したのが外れたと言ったところで、花見をするにはイマイチ気が乗らない公園のサクラでした。

 えっ?! Hikoさんちでは今年は花見はやらないのかって? こう寒くっちゃ寒がりやさんはなかなかその気になりませんが・・・ 

 とは言いながらも、今週末あたりから気温も上昇の予報と、長崎の北斗一家が休みを利用してやって来るとの情報もあり、さしずめ花見民宿となりそうな気もします。

e0339960_11374149.jpg
まだまだ蕾がたくさん残っています。
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4



e0339960_11395299.jpg
この辺りは満開間近かな?
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4



e0339960_11412127.jpg
花冷えで見ごろを迎えた花は長く楽しめそうです。
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4













e0339960_17293692.jpg
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

 Spring has came まさに春到来!元大関魁皇の本拠地直方市を流れる遠賀川の河川敷の一部を利用して毎年チュ-リップ祭りなる行事が開催されております。

 Hikoさんも野次馬根性とブログネタあさりにちょっと覗いて見る事にしましたが、天気晴朗なれど風強しで、スナップはそこそこでしたが、軽キャンパ-を河川敷に留めての事、当然車中食付と言う事も有り、慌てたことは有りません。

 本日のメニュ-は炊き立てホカホカご飯に豚汁の卵とじ? 言わば、昨日の夕食の豚汁の残りを持参して、暖めて溶き卵を落としただけのことですが・・・

 これが広々した河川敷での車中食となると、景色が付け合わせと言う事も有って味は格別です!

 折しも、車内のテレビでは食事の最中に 平成に次ぐ新元号の発表ライブ! この時ばかりは「す なんとか官房長官」も緊張のおももちで?小渕さんにならってのあの額縁入りの書面を掲げての発表でした。

 日本中の有識者が集まってお決めになった新元号についてはHikoさんとしてはノ-コメントですが、慣れ親しむまでには時間がかかりそうですので、当分の間は2019年とか2020年で、行こうと思っています。

で、肝心のチュ-リップは年々減少傾向にあるように思えましたが、それでも我が拙いブログに花を添えてくれました!


e0339960_18174639.jpg
咲いた咲いたチュ-リップの花が 並んだ並んだ 赤白黄色
どの花見てもきれいだな♪
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18213257.jpg
吹き抜ける風は冷たく強く・・・・
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18230938.jpg
どの花見てもきれいだな♪
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18242360.jpg
強風にはためく屋台ののぼり
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18254569.jpg
隣接の公園のサクラは八分咲き?
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18270013.jpg
交通整理のオジサンも大忙し?
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18281404.jpg
川の淵に咲くイエロ-ベルトの菜の花
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18295959.jpg
強風にあおられて、カイトは墜落?・・・
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18341838.jpg
突然ではありますが・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70

e0339960_18411534.jpg
新元号の由来・・・・? 
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18310582.jpg
カイト、無事に青空に舞い上がった様で・・・
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4




e0339960_18345207.jpg

Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

 我が家にも大きな桜の木がある事から、花見は毎日の事、珍しくもなんとも無いと言えば、話はそれまで・・・・
 
 しかしながら、隣の芝生は青いがごとく、他の地の桜も観て見たいのは当たり前のことで、近場の桜のきれいな場所を訪れて見る事にしました。

 車で走ればあっという間に到着してしまう程の距離に広い駐車場付きのサクラの名所?が在ります。

 北九州市の水道局が管理している貯水池の周辺に植えられている桜が見頃を迎えていると言う事で、散歩兼スナップ&デイキャンプがてらにやって来ました。

 朝はゆっくり目に家を出ても、着いて見れば昼食までにはまだかなりの時間があります。はじめはダム半周歩く積りが、駐車場から堰堤付近まで撮り歩いてみると、足にはまだ余力も残っている様で、花見をしながら1周して見ようと言う気になり予定を変更、ぐる~っと撮り歩くことにしました。

 ちなみに畑のダムを1周すると5Km程が有ると言われていますから、と、いう事は、ジムは休みの日でもエネルギ-消費は同等かそれ以上と言う事になり、まさに花見付きトレ-ニングと言ったところでしょうか・・・・

 で、写真と言う副産物も有で、くだらぬ前置きはさておいて、この時季畑ダムのさくらさくら・・・・・


e0339960_18303166.jpg
ソメイヨシノに混じってオオシマザクラ
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17325963.jpg
桜のとんねる?
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


 
e0339960_17334435.jpg
ソメイヨシノ
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17361141.jpg
遊歩道脇のさくら
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17373167.jpg
山間の桜
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17381896.jpg
咲いた咲いた桜が咲いた!
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17395342.jpg
遊歩道は柵で管理されている桜
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17410149.jpg
古木に付けた花も風情があります
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


e0339960_17415610.jpg
ウオ-キングはお花見しながら・・・
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17435019.jpg
これでもかとばかりに咲き誇っています。
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


e0339960_17445224.jpg
ダムの淵に咲く花
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17461096.jpg
お昼近くになるとお弁当持参で花見客もだんだん増えます
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17480029.jpg
ダムの水は渇水状態
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17491879.jpg
ダムの淵に咲く見事な1本桜
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


e0339960_17510163.jpg
風冷たく花冷えの日の花
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17521793.jpg
竹林を背景に満開のソメイヨシノ
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17532947.jpg
ダム1周に避けて通れぬヒデ君の実家の桜も満開です。
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17552034.jpg
お昼になると花見客が集まります。オオシマザクラの下は一等席!
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17571350.jpg
花見弁当を食べて、お茶を飲んで、そして皆で歌って・・・
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


 Hikoさんもそろそろテレビでも見ながら、車中食を頂きますか!
 そして少し昼寝して・・・























e0339960_19275801.jpg
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL


 しつこい様ですが、PENTAX K100D Superを孫にプレゼントするにあたって、今度は、Hikoさんが最初に買ったPENTAX K100D のキットレンズでダメ押し?試写をして見る事にしました。

 確認できたのは、PENTAX K100D Superと言うカメラ、どのレンズにもちゃんと対応して、初心者が使うには十分使用に耐え得ると言う事です。

 「素人程怖いものは無い」と言う言葉がありますが、初心者が新鮮な目で見て撮影した写真は興味をそそります。

 ただ、直ぐに飽きずに長く使い続けて貰いたいと言うのが、与えた者の気持ちですが・・・・

 
e0339960_19452901.jpg
本日のサクラ
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19461362.jpg
この枝はほぼ満開
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL


e0339960_19465860.jpg
裏庭の桜は満開が近い様で・・・
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19481582.jpg
こんな咲き具合も・・・
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19490927.jpg
ヤブツバキ
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19494839.jpg
近くの公園の真新しい遊具
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19504993.jpg
角度を変えれば(反対側)
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19515636.jpg
BOSS
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL