人気ブログランキング |
e0339960_16482228.jpg
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


 日本の新元号を目前に、平成年度最後の平成31年のこの春の事、分蜂を目前にして、ハチミツの置き土産をしながら消滅してしまった我が家 唯一の日本蜜蜂でしたが、同じ場所に、今まで使っていた同じ巣箱をバーナ-で炙って消毒してから、前もって準備しておいた誘引剤を取り付けて据え付けたところ、事も有ろうに、設置からたったの三日で別の群れがやって来たではありませんか!これは、先刻ブログUPしていますが・・・

 入居は2019.4.16.午後2時過ぎに探索蜂がやって来てから、待つことおおよそ3時間、午後5時頃に羽音を響かせて、辺りが薄暗くなるほど?の数の本隊が突然やって来ました。
 
 全員入居までには、なんと夕暮れまでかかりましたが、これに味を占めたHikoさんは次の日から、既存の巣箱の手入れと消毒、誘引剤も付け替えて、第2群の捕獲にむけて闘志を燃やし、昨日、今日と、蜂の行動を監視していましたが、一昨日には新しく設置した巣箱へ探索蜂らしきものがやって来て巣箱を出入りして、Hikoさんに気を持たせ、昨日も同じ偵察隊とみられる蜂が数匹巣箱を出入りしていたので、本日は間違いなく本隊もやって来ると確信して、朝から見張っていたところ、どう言う訳か、 昨日の様に探索蜂は巣箱にはやって来ません!?

 日本ミツバチの行動はまさに不可解極まりないと言ったところを、まざまざ見せつけられ、ガッカリさせられた瞬間です!

 このまま、いい天気の休日をガッカリで終わるのは勿体ないと気持ちを切り替えて、蜜集めに忙しいミツバチの撮影でもやるかとカメラを持ち出しました。

 レンズはマニアの間では、今なお人気のMINOLTA 100 MACRO を使って見たくて・・・

 ボディ-は当然手持ちのSony α100、 一昔前の旧式ではありますが、手ブレ補正はボディ-内にシッカリ搭載されており、この辺はNikon やCanonも及ばないところです。

 で、ブンブンブン蜂が飛ぶ♪を口ずさみながらのショットですが・・・



e0339960_17542302.jpg
白菜の花にブンブンブン!
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_17555342.jpg
小さな花に小さなミツバチ
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_17570319.jpg
羽を広げてブンブンブン♪
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_17585055.jpg
ハチがとぶ♪
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO


e0339960_18001881.jpg
花粉もせっせと運んでいます。
Sony α100 ・ AF MINOLTA 100 MACRO








e0339960_20421052.jpg
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105


 つい3日ほど前の事、日本ミツバチ捕獲の再挑戦をすべく、準備を整えて毎日観察をしていたところ、なんと! 本日、午後2時頃、探索蜂が2~3匹、巣箱の回りをウロウロ飛び周っているではありませんか!

 そのまま目を離さず見守っていると、巣箱に入ったり出たりを繰り返し、巣箱の中の様子を調べ始めました。

 その後、蜂数もだんだん増えて、10匹はゆうに超える数になり、時間にして約1時間ほど、巣箱の調査を終えたか?1部は中に残り、別部隊は本隊へ連絡のためか? 飛び去って巣門付近から2~30分位居なくなってしまいました。

 Hikoさんの予備知識で、探索蜂は探索中に1度居なくなってしまう事は先刻ご承知で、慌てることは有りません。

 後は本隊を引き連れて再来するのを待つのみですが、これが何時とは決まっておらず、ミツバチの気分次第と言ったところの様で・・・

 待つこと約1時間?いやそれ以上? 時計を見ると午後5時をまわっています。

 もうすぐ日暮れと言う時の事、先に野暮用をか片付けて、フト空を見上げると、待ちに待ったミツバチの大群?が、辺り一面羽音を響かせ、飛び回っているではありませんか!

 歓喜の瞬間です!

 誘導係のミツバチが、巣箱目掛けて先導すると、全員続いて押すな押すなの大混雑で、 小一時間かけて巣箱へ収まりました!

 日が暮れて、ミツバチが落ち着いた頃を見計らって、巣門の高さ調整をして、これは、宿敵スズメバチ対策と言う事で、小さなミツバチは通り抜け、大きなスズメバチは通センボ!

 捕獲は無事完了しましたが、ここから、来春の分蜂期まで、また楽しくもあり、大変なお世話が待ってます。

 昨年の教訓を参考に、今度こそ分蜂まで漕ぎつけたいところです。

えっ? ハチミツはって? 上手くいけば、今年は9月ごろに1度くらい 採ってみようかな・・・

e0339960_21385526.jpg
探索蜂がやって来ました。
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105


e0339960_21400548.jpg
誘導係に巣箱へ導かれ・・・
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105


e0339960_21435320.jpg
押すな押すなの大混雑!
Nikon D600 ・AF KIKKOR 28-105

e0339960_21455572.jpg
全員無事に巣箱入りした様で・・・
RICOH CX3







 

  


e0339960_15132141.jpg
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70


 昨年5月に入居した日本ミツバチ、昨年暮れからの原因不明の子出しから、働きバチの大量死により、1年間大切に飼育して来た日本ミツバチが分蜂を目前にして、ハチミツの置き土産をしながら消滅してしまいました!

 採蜜の様子などは先日のブログにUPしたところでしたが、このままでは終われないと、別の日本ミツバチ群を捕獲すべく、再挑戦にむけて準備を整えたところです。

 病虫害の事も考慮して、蜂箱の総入れ替えも考えてみましたが、既に分蜂期に入っている時季と言う事も有って、なるべく手間をかけずに、直ぐにでも巣箱の設置と言う事を最優先に考えて、採蜜を終えた巣箱を再利用する事としました。

 巣箱の再利用にあたっては、全の箱の内面をガスバ-ナ-でくまなく炙って、まさに火炎消毒なる物を施して、元通りに積み重ねて、分蜂に備えて準備しておいた、蜜蝋を巣箱の天板や巣門付近にたっぷり塗って、さらに誘引剤を取り付けて、誘引剤が発するフェロモンで日本ミツバチをおびき寄せる作戦です。昨年買っておいたキンリョウヘンも蕾を付け始めたので、それも一緒に並べての多重作戦です。

 巣箱の設置場所は、蜂が一度入った場所には再度入る確率が高いと言われていますので、これも前のままですが・・・・

 はたして、思惑通りに事が運んでくれるかが、問題です。

 誘引剤の効果は約45日間位だそうで、キンリョウヘンはと言うと開花時期はさらに短く、その間に分蜂群が飛来してくれる事を祈るしかありません。

 すべからく趣味に限らず何事も、その過程が面白いと言われていますが、過程も面白いが、結果が出るとさらに病みつきになるというもの!

 全て持ち合わせた手は打っては見ましたが、ハテ、三度目の正直と言うのに有りつける事やら・・・・


e0339960_16062262.jpg
巣箱の内面はくまなくガスバ-ナ-で炙って消毒しましたが・・・
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16092841.jpg
白い丸いのが誘引剤(代引き込みで4160えん也)
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16114164.jpg
キンリョウヘンの花芽も付き始めたようで・・・
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16124303.jpg
西日除けにモミジの苗木を植え付けました。
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16161153.jpg
倒壊防止にロープも張って・・・
PENTAX K-5・ SIGMA DC 17-70







 

# by junkboxhiko | 2019-04-13 16:17 | Comments(2)
e0339960_19583153.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 昨年の五月に待望の日本ミツバチが入居して、無事に暑い夏をなんとか乗り越えて、秋を迎え、この分だと順調に事は運んでいるものと思われ、春の分蜂期が待ち望まれていました。

 ところが、冬に差し掛かった頃から、子出し(幼虫を巣から出す)が始り、それも毎日の事で、Hikoさんとしてはなすすべもなくただ見守るだけ・・・・

 小一ケ月も続いた子出しもようやく収まったかと思うと、今度は働きバチが次々と死に始めました。

 働き蜂の寿命は約1ヶ月位と聞いていましたので、寿命が尽きたかなと思っていましたが・・・・

 成虫の寿命がつきると次の幼虫が羽化して活動を始めるところ、予備軍はすでに、羽化を前にして巣から出してしまわれている事から、次に出てくるはずの蜂は既に消滅してしまったようです。

 それでも、巣箱を暫く観察していたところ、わずかな残党が常時巣箱から出入りしているのが確認されていたので、わずかな望みを抱いて居たところ、この2~3日前位から、天気のいい暖かい日にも姿を見せなくなりました。

 残っていた僅かな残党も自然の成り行きで、寿命が尽きたかな?と思いながらも諦めきれずに、その後4~5日は観察は続けていたにもかかわらず、一向に蜂の姿は見えません。

 自然のおきては厳しいな~と思いながらも、もしやと思い、昨年蓄積した蜜が残っているかもしれないとの思いと内部の様子の確認もしてみたいと、決断を強いられる時でもあります。

 もし、蜜があるとすれば、このままだと蟻等の害虫に食い荒らされるに違いないとの思いもあり、このタイミングが良いのではないかとの決断で本日御開帳!

 開けてビックリとはまさにこの事!

 なんと、蓄えられた蜜がビッシリ詰まっているではありませんか! 開けてみて思ったことは、昨年9月ごろ継箱をした際になんらかの異変があった様で、それっきり巣は成長することなく、変色した状態でした。

 わずか半年足らずで集めた大量の蜜はそのままにして、姿を消してしまった日本ミツバチの置き土産は味は濃く、めったに口に入らぬ貴重品! 親しい友人達にもおすそ分けして、大切に頂きたいところです。


e0339960_21291788.jpg
居なくなった蜜蜂の置き土産!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_20581380.jpg
上から3段目まで、蜜はびっしり詰まっています。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_20594066.jpg
昨年9月のままで巣は成長していません。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_21005208.jpg
この辺りで異変があったような??
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_21014329.jpg
キラキラ輝く天然ハチミツ!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70










# by junkboxhiko | 2019-04-08 21:06 | Comments(6)
e0339960_16254391.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 今年に限って開花が遅れた公園のサクラもやっと満開を迎え、途中で花冷えもあった事で、桜シリ-ズを長きにわたってブログを飾ることが出来ました。

 人影の少ない公園の一角にある遊具には、温かい春の日差しを浴びて、親子づれが満開のサクラに囲まれて、微笑ましくこの春を楽しんでおり、まさに春爛漫とはこのこと・・・・

 この公園のサクラについては、Hikoさんが現役の頃に植え付けたと言うことも有って親しみも一入です。



e0339960_16483551.jpg

満開の桜の中、遊具で遊ぶ親子連れ・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




 

e0339960_14564544.jpg
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4


 昨日の花冷えとは打って変わって絶好の花見日和となりましたが、我が家での花見はナシ! 代わりと言っては何ですが、我が家の自慢の百年桜は青空のもと見事に満開を迎えたので、その様を写真に撮って見る事にしました。

 月、火、水、と三日続けたジム通いは休みをとって、もともと、ジム通いは週4回位と決めてましたので、過ぎたるは及ばざるがごとしで、中休みと言ったところです。

 で、その中休み中の作業はと言えば、テンネンさんのブログサイトのココログがリニュ-アルした際に画面の様子が一変して、文字は何とか入ったものの、画像がどうしても入らないとHikoさんにヘルプ要請がかかりました。

 その対応に、午前中を費やして試行錯誤で、なんとか画像は入る様にはなりましたが、オペレ-タ-チェンジで旨く行くかが問題です!

 折しも、作業が一段落したところ、ダンディズムを地で行く友人が散髪帰りと言う事で、Hikoさんのパソコン作業の姿を見かけて、立ち寄ってくれました。

 暫く会っていない同級生との会話はいろいろあって話はつきませんが、会話中の一枚! 男のポ-トレ-トを撮らせていただきました。

 若い頃には、かわいこちゃんを追っかけて? 撮影会など、人物写真を得意としていたHikoさんでしたが、最近では人様にカメラを向けると、個人情報云々で、知らない人にはカメラを向ける事すらできなくなりました。

 で、今回、樹齢百歳以上の桜の古木と合わせて、百歳とは言わないが、それなりの年を重ねた男のポ-トレ-トも・・・・


e0339960_15450721.jpg
若い時には大モテ?! 今でも彼はダンディズム・・・
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4


e0339960_15492225.jpg
古木に咲いた桜花爛漫!
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4



e0339960_15512612.jpg
百有余年は経つ桜の古木 我が家のシンボルツリ-
Sony α100・AF MINLTA 70-210 4





 

e0339960_11200125.jpg
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4



 3月末ごろには小春日和が続いて桜の硬い蕾も一気にほころんで、花も見る見る開いて、絶好の花見日和が訪れるかと思いきや、上空に寒気とやらが張り出したようで、満開を迎える直前になって花もちじこまって、場所によってはまだ多くの蕾も残っているようです。

 朝の散歩で、近くの公園を覘いて見ると、朝日を受けた桜の花は、まだ今一つ、パッと咲いた桜を期待したのが外れたと言ったところで、花見をするにはイマイチ気が乗らない公園のサクラでした。

 えっ?! Hikoさんちでは今年は花見はやらないのかって? こう寒くっちゃ寒がりやさんはなかなかその気になりませんが・・・ 

 とは言いながらも、今週末あたりから気温も上昇の予報と、長崎の北斗一家が休みを利用してやって来るとの情報もあり、さしずめ花見民宿となりそうな気もします。

e0339960_11374149.jpg
まだまだ蕾がたくさん残っています。
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4



e0339960_11395299.jpg
この辺りは満開間近かな?
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4



e0339960_11412127.jpg
花冷えで見ごろを迎えた花は長く楽しめそうです。
Sonyα100 ・ AF MINLTA 70-210 4













e0339960_17293692.jpg
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

 Spring has came まさに春到来!元大関魁皇の本拠地直方市を流れる遠賀川の河川敷の一部を利用して毎年チュ-リップ祭りなる行事が開催されております。

 Hikoさんも野次馬根性とブログネタあさりにちょっと覗いて見る事にしましたが、天気晴朗なれど風強しで、スナップはそこそこでしたが、軽キャンパ-を河川敷に留めての事、当然車中食付と言う事も有り、慌てたことは有りません。

 本日のメニュ-は炊き立てホカホカご飯に豚汁の卵とじ? 言わば、昨日の夕食の豚汁の残りを持参して、暖めて溶き卵を落としただけのことですが・・・

 これが広々した河川敷での車中食となると、景色が付け合わせと言う事も有って味は格別です!

 折しも、車内のテレビでは食事の最中に 平成に次ぐ新元号の発表ライブ! この時ばかりは「す なんとか官房長官」も緊張のおももちで?小渕さんにならってのあの額縁入りの書面を掲げての発表でした。

 日本中の有識者が集まってお決めになった新元号についてはHikoさんとしてはノ-コメントですが、慣れ親しむまでには時間がかかりそうですので、当分の間は2019年とか2020年で、行こうと思っています。

で、肝心のチュ-リップは年々減少傾向にあるように思えましたが、それでも我が拙いブログに花を添えてくれました!


e0339960_18174639.jpg
咲いた咲いたチュ-リップの花が 並んだ並んだ 赤白黄色
どの花見てもきれいだな♪
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18213257.jpg
吹き抜ける風は冷たく強く・・・・
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18230938.jpg
どの花見てもきれいだな♪
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18242360.jpg
強風にはためく屋台ののぼり
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18254569.jpg
隣接の公園のサクラは八分咲き?
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18270013.jpg
交通整理のオジサンも大忙し?
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18281404.jpg
川の淵に咲くイエロ-ベルトの菜の花
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18295959.jpg
強風にあおられて、カイトは墜落?・・・
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4

e0339960_18341838.jpg
突然ではありますが・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70

e0339960_18411534.jpg
新元号の由来・・・・? 
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4


e0339960_18310582.jpg
カイト、無事に青空に舞い上がった様で・・・
Sony α100 AF MINOLTA 70-210 4




e0339960_18345207.jpg

Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

 我が家にも大きな桜の木がある事から、花見は毎日の事、珍しくもなんとも無いと言えば、話はそれまで・・・・
 
 しかしながら、隣の芝生は青いがごとく、他の地の桜も観て見たいのは当たり前のことで、近場の桜のきれいな場所を訪れて見る事にしました。

 車で走ればあっという間に到着してしまう程の距離に広い駐車場付きのサクラの名所?が在ります。

 北九州市の水道局が管理している貯水池の周辺に植えられている桜が見頃を迎えていると言う事で、散歩兼スナップ&デイキャンプがてらにやって来ました。

 朝はゆっくり目に家を出ても、着いて見れば昼食までにはまだかなりの時間があります。はじめはダム半周歩く積りが、駐車場から堰堤付近まで撮り歩いてみると、足にはまだ余力も残っている様で、花見をしながら1周して見ようと言う気になり予定を変更、ぐる~っと撮り歩くことにしました。

 ちなみに畑のダムを1周すると5Km程が有ると言われていますから、と、いう事は、ジムは休みの日でもエネルギ-消費は同等かそれ以上と言う事になり、まさに花見付きトレ-ニングと言ったところでしょうか・・・・

 で、写真と言う副産物も有で、くだらぬ前置きはさておいて、この時季畑ダムのさくらさくら・・・・・


e0339960_18303166.jpg
ソメイヨシノに混じってオオシマザクラ
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17325963.jpg
桜のとんねる?
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


 
e0339960_17334435.jpg
ソメイヨシノ
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17361141.jpg
遊歩道脇のさくら
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17373167.jpg
山間の桜
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17381896.jpg
咲いた咲いた桜が咲いた!
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17395342.jpg
遊歩道は柵で管理されている桜
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17410149.jpg
古木に付けた花も風情があります
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


e0339960_17415610.jpg
ウオ-キングはお花見しながら・・・
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17435019.jpg
これでもかとばかりに咲き誇っています。
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


e0339960_17445224.jpg
ダムの淵に咲く花
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17461096.jpg
お昼近くになるとお弁当持参で花見客もだんだん増えます
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17480029.jpg
ダムの水は渇水状態
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17491879.jpg
ダムの淵に咲く見事な1本桜
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


e0339960_17510163.jpg
風冷たく花冷えの日の花
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17521793.jpg
竹林を背景に満開のソメイヨシノ
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17532947.jpg
ダム1周に避けて通れぬヒデ君の実家の桜も満開です。
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17552034.jpg
お昼になると花見客が集まります。オオシマザクラの下は一等席!
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210

e0339960_17571350.jpg
花見弁当を食べて、お茶を飲んで、そして皆で歌って・・・
Sony α100 ・ MINOLTA AF 70-210


 Hikoさんもそろそろテレビでも見ながら、車中食を頂きますか!
 そして少し昼寝して・・・























e0339960_19275801.jpg
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL


 しつこい様ですが、PENTAX K100D Superを孫にプレゼントするにあたって、今度は、Hikoさんが最初に買ったPENTAX K100D のキットレンズでダメ押し?試写をして見る事にしました。

 確認できたのは、PENTAX K100D Superと言うカメラ、どのレンズにもちゃんと対応して、初心者が使うには十分使用に耐え得ると言う事です。

 「素人程怖いものは無い」と言う言葉がありますが、初心者が新鮮な目で見て撮影した写真は興味をそそります。

 ただ、直ぐに飽きずに長く使い続けて貰いたいと言うのが、与えた者の気持ちですが・・・・

 
e0339960_19452901.jpg
本日のサクラ
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19461362.jpg
この枝はほぼ満開
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL


e0339960_19465860.jpg
裏庭の桜は満開が近い様で・・・
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19481582.jpg
こんな咲き具合も・・・
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19490927.jpg
ヤブツバキ
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19494839.jpg
近くの公園の真新しい遊具
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19504993.jpg
角度を変えれば(反対側)
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL

e0339960_19515636.jpg
BOSS
PENTAX K100D Super ・ smc PENTAX DA 18-55 AL









e0339960_17024402.jpg
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER


 孫の「カメラ頂戴」要請を受けて、PENTAX K100D Superを買い置きしている事は前日のブログにUPしたところですが、その続編とでも言うべき撮り歩きをしてきました。

 レンズはこれも買ったことは忘れかけていた、訳ありレンズ、数年も前の事、SIGMA 70-300 DL MACRO SUPERのペンタックスマウントが500円也のジャンク価格で売りに出ているのに目をつけて持ち帰り、保管庫に入れたままで試写をするでもなく、忘れていたものが、今回の事で目に留まり、朝の天気予報では雨模様と言う事でしたが、予報は見事に外れ、花見日和のいい天気になり試写を思い立ちました。

 この訳ありレンズの写りはと言えば、300mm端での描写は500円をはるかに超えた価値を発揮してくれ、少々の難ありとは言え、これは使えると感じた瞬間でした。

 で、おおむね300mm端で撮影したものを並べて見たいと思います。


e0339960_17374994.jpg
これは窓際のシクラメン
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER


e0339960_17384182.jpg
急に咲き始めた紫木蓮
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER



 
e0339960_17395045.jpg
モミジの新緑
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER


e0339960_17404349.jpg
ハランキョの花
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER



e0339960_17412827.jpg
近所のワン公
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER




e0339960_17425832.jpg
公園で戯れてる女の子たち
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER



e0339960_17440922.jpg
満開のコブシ
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER


e0339960_17451132.jpg
団地に隣接した雑木林
PENTAX K100D Super ・SIGMA 70-300 DL MACRO SUPER









e0339960_11401934.jpg
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


 随分前のある日の事、高校生になる孫が何を思ったか、いきなり漏らした一言がズ~と気になっていたHikoさんです。

 その一言とは「カメラ頂戴!」と言う事でしたが、今までカメラには興味を示したことも無かった女の子が、いきなり「カメラ頂戴」でしたので、さほど気にも留めずに、その場はスル-していました。

 先日の事、クラカメショップを久しぶりに覘いたところ、ショップのオ-ナさん曰く、中古カメラ委託販売は止めにして、本業のスタジオ撮影と出張撮影に専念したいので、預かっているカメラは引き取ってもらっているとの事でした。

 以前覗いたときにチラット見ていたPENTAX K100D Super、同じようなカメラは持っているので、その時は気にも留めずいましたが、ここで、孫の言った一言が脳裏を過り、店仕舞いの記念にでもとGETすることにしました。

 入門機にはうってつけの機種でもある事から、レンズは手持ちのヤツを取り付ければいいか、なんて思考を巡らせながら・・・・

 で、保管庫をあさって見ると、やっぱり、手ごろな標準ズ-ムで買っては見たものの使わなかった!と言ったものが見つかりました。

 その「買ってはみたものの使わなかったレンズ」と組み合わせて、この春をし試写して見る事にしました。

e0339960_12194658.jpg
そこらあたりの草花
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12202701.jpg
若葉が芽吹き始めました
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12213849.jpg
我が家の桜も開花宣言!
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12224582.jpg
ハランキョの花
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12234112.jpg
菜の花
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12242589.jpg
ヤブツバキ
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12245468.jpg
花壇の中の小さな花
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12254809.jpg
玄関先に置かれた鉢物
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12263908.jpg
パンジ-
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12272018.jpg
日向の猫
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6


e0339960_12280541.jpg
我が家の桜も二分咲き位?
PENTAX K100D Super・ SIGMA 28-80 ASPHERICAL 3.5-5.6

 と言う事ですが、まっ!入門機にして、これ位撮れれば御の字でしょう。

 

e0339960_16431400.jpg
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


 本日、急に春がやって来た! と いう事で、起き抜けに家人に伝えた言葉は、「天気がいいので久しぶりに平尾台へ行ってみう」の一言でした。

 「暑さ寒さもも彼岸まで」の語句が当てはまったかのように、昨日今日と、急に気温が上昇し始め、まさに春の気象となりました!

 我が軽キャンパ-は冬の間は出番待ちと言ったところで、じっと待機の状態でしたが、こんないい日和に動かない手はないと、急遽思い立った出来事でしたが・・・・

 なにしろ平尾台は然程遠くも無く、若かりし頃はバイクで行ったり、電車バスを利用して、グル-プで遊びに出かけたりと、恰好のお出かけ場所でした。

 羊の群れの様な岩が点在するカルスト台地の平尾台は北九州市小倉南区に位置しており、鍾乳洞もあって、遊びには事欠かない場所でもあり、頻繁に訪れていたました。

 或る時はモデル撮影会でカメラを携えて、またある時はバイク仲間とバイクを飛ばして・・・・

 その思い出を辿るべく訪れた筈でしたが、あにはからんや、その姿は一変しておりました!

 仕事に追われ、訪れる余裕がなかったと言えば言い訳がましいのですが、知らず知らずに流れた歳月は半端ない? カルスト台地の姿まで変えてしまっていたのは驚きでした!

 本日は、広い公園と化した平尾台をゆっくりと2時間くらいかけて、カメラ片手に隅からすみまで?散策してみました。

e0339960_17192249.jpg
羊の群れの斜面が、平坦な芝で覆われた公園と化していました。
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_17205589.jpg
野外音楽堂までもが整備されて・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_17214459.jpg
背景の山は昔のまんま、公園はさながら遊園地!
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_17231815.jpg
丘らしき所にのぼり詰めると滑り台
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_17254064.jpg
柵の外側には昔の面影カルスト台地?
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_17275551.jpg
公園内の一角にありし日の面影が・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_17285763.jpg
自然破壊とも捉えられかねない大変貌したカルスト台地!
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70

e0339960_17341139.jpg
草スキ- 今年から社会人と言うグル-プの青春の一こま!
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_11080544.jpg
記憶にあるのは全体がこのようなカルスト台地でしたが・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70





e0339960_16522364.jpg
Nikon D7000 ・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD28-300 MACRO

 今年もセイヨウヒイラギの実が赤く熟れ始めました。この時季になると我先にとやって来るのがメジロの様ですが、ともすると、ヒヨドリに先を越されて赤い実にありつくことなく、姿を見せなくなってしまいます。

 今年はどうやらメジロの方が先だった様で、ひっきりなしに団体でやって来ます。

 警戒心が強く、あたりに気を配りながら赤い実をついばむ姿を写真に撮ろうと、近づこうものなら、人の気配を感じてすぐさま別の木へ移動してしまいます。

 メジロは気紛れで、一度飛び去ると次回はいつやって来るかわかりません。

 カメラを手元に置いて、再来を待つのですが、或る時は別の群れが続けてやってきたりもしますが、来ない時は何時まで経っても待ちぼうけ・・・・

 そんな気紛れメジロと戯れながらの数カット!

e0339960_17194279.jpg
赤い実を目当てにやって来たメジロ
Nikon D7000 ・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD28-300 MACRO

e0339960_17161045.jpg
熟れ切った赤い実をついばむメジロ
Nikon D7000 ・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD28-300 MACRO

e0339960_17214776.jpg
Nikon D7000 ・TAMRON AF ASPHERICAL XR LD28-300 MACRO




e0339960_19043620.jpg
Nikon D600 ・ Ai NIKKOR 105 2.5

 ニコンマニアなら既にご存知?NIKKOR千夜一夜物語と言うお話があって、その中で第五夜は、Fマウント用交換レンズ、「AI Nikkor 105mm F2.5」を取りあげられております。

 Hikoさんも以前から、このレンズには少々興味を持ち、1本温存しております。

 最近は、オ-トフォ-カスのズ-ムレンズの方が使い勝手が良くて、単焦点のマニュアルレンズなどは殆ど日の目を見ることが無くなりました。

 折角の名玉を持っていながら、使わない手はないと、防湿庫をかき回して、そのAi NIKKOR 105 2.5をD600に装着してみました。

 永らく使ってなかったせいもあって、ヘリコイドはやや硬めになっていましたが、どうにか使うことが出来ました。

 で、お天気の良い日に春らしい絵?を撮って見たのですが・・・・

e0339960_19254927.jpg

ニャンニャンも温かい日差しに気持ちよさそう・・・
Nikon D600 ・ Ai NIKKOR 105 2.5


e0339960_19503445.jpg
冬の間は姿を見せなかったミツバチも陽の光に誘われて巣箱から姿を現しました。
Nikon D600 ・ Ai NIKKOR 105 2.5

e0339960_19291280.jpg

一度切り取ったヤドリギではありますが・・・
Nikon D600 ・ Ai NIKKOR 105 2.5

  

 



e0339960_09171940.jpg

PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 早朝の風はまだ冷たく、朝の散歩にはマフラ-と手袋は手放されないものの、昼間ともなれば日差しの中では春の陽気となった今日この頃、あちこちから花の便りも聞こえてくるようになりました。

 後部車輪のベアリングの交換でピットインしていた我が軽キャンパ-も戻って来たことで、試走を兼ねてひとっ走り、デイキャンプも兼ねての事、海の見える場所に訪れました。

 この日は、陽射しは有るものの海辺ともなれば、風冷たく、海面には白波がたつほどの強い風が吹き抜けていました。

 それでも若者たちの遊び場は早くも海に向けられたようで、強風の中、思い思いに早春の海を楽しんで居ます。

 家では、盛りをやや過ぎた枝垂れ梅が青空のもと咲き誇っています。


e0339960_09375914.jpg
若者は既に海遊びを満喫している様で・・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_09393728.jpg
この日の海辺は風強く・・・
NTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_09404528.jpg
我が家は青空のもとシダレ梅が咲き誇っています。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




e0339960_13452146.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70 

 巷では三連休の声も聞かれるその第1日目は、
お出かけ日和とは程遠いあいにくの雨模様になりました。

 雨の日とは言え、梅は見ごろを迎えています。急遽思い立ってデイキャンプを兼ねて、近くの山間の梅林へ行って見ることにしました。

 雨と言う事もあって、さすがに人影はまばらで独り占めとはいかないまでも、小雨の中ゆっくりと花見が楽しめました。

 梅の木の下でお酒を飲むと中気にならないと言ったような話を聞いたことがありますが、今時、車での観梅にお酒はご法度!

 仕方なく、車中でお好み焼きなど焼きながらのデイキャンプではありましたが、雨の日の気分転換には佳しとすべきでしょう・・・

 まっ! 帰って、この日撮った梅の写真でも眺めながら、ぬるめの燗で一杯やるのも乙なもの?・・・・


e0339960_14140528.jpg
山間にある梅林の花は見ごろで目を楽しませてくれます。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_14154726.jpg
紅梅も好いが、やっぱり梅は白が似合いますね~
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_14200776.jpg
梅はあまり手を入れずに自然の姿がいい・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_14252201.jpg
梅林から少し足を延ばすと民家の庭にこんなしだれ梅が・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_14265881.jpg
石垣に下がった梅の花がなんとも好い風情です。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_14281671.jpg
歌の文句じゃあるまいが、まさに雨に咲く花・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_14293656.jpg
見事に観ごろを迎えました!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70













 

 

e0339960_11090104.jpg
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


  我が軽キャンパ-もシーズンに向けて少しづつではありますが、進化しつつあります。

 狭い室内の事 先日は、24型テレビの脚の部分が車中泊の時に邪魔になりそうなので、なんとか壁掛け式にやり替えて、スペ-スを広げたところでした。

 で、今回は懸案の水回りの改善に取り組みと言う事です。

 偶然、畑の中に転がっていたアルミのジョウゴを見つけ、これが使えそうと言う事で、ギャレ-の試作に取り掛かりましたが、簡単に考えていた排水の件で、思わぬ伏兵に出くわしました!

 ジョウゴの下の細い部分にホースを接続してと簡単に考えていたものの、ジョ-ゴたるもの、下の部分は先細りになっており、接着剤を使用して差し込んでいても、カシメの場所が無く時間が経つと抜け落ちてしまい、あの手この手で、なんとか固定していますが・・・

 もう一つの難関は、給水用のタンクの設置の件で、排水で出た汚水の貯蔵タンクとの兼ね合いで落差をとるためには、ある程度の高さが必要となります。

 あまり高くすると、不安定になり走行中にひっくり返ってしまっては元もこもありません!

 或る程度の高さを稼ぎ、はたまた、安定感もあると言う設計にしなくてはならなく、また、車検時にはバラス事も考えながら、、給水タンクは現在使用中の物、排水タンクはなるべく背丈は低く、ある程度の容量も必要とします。

 排水タンク探しに、近辺のホ-ムセンタ-を奔走してなんとかそれらしきものをGET、やや小さめの排水タンクは車の後部の僅かなスペ-スに押し込むことにしたので、居住スペ-スはその分広くとれて、汚水の処分もバックドア-を開けて簡単に処分できると言った按配です。

 カセットコンロも、収納庫からの出し入れの事を考えると面倒なので、着脱式にしておいて、常時使える位置に据え付けて置く。

 インスタントコ-ヒ-やお茶位なら、すぐにお湯が沸かせる仕組みは便利です。

e0339960_11541052.jpg
コンロの木製カバ-は即ミニテ-ブルへ、コンロの下の板を引き出せば、テ-ブルにも調理台にも・・・
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_11575082.jpg
排水タンク(6L)は車内後部の僅かなスペ-スへ
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70


e0339960_12000572.jpg
ついでにサブ電源ポ-タブルバッテリ-も導入(DCファン、DVDプレ-ヤ-等に使用する予定です)
PENTAX K-5 ・SIGMA DC 17-70










e0339960_19033659.jpg
Nikon D7000 ・ TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300


 この時季になると、寒い中、宗像グロ-バルアリ-ナまで、目いっぱいの厚着をして出かけているのが我が家の恒例行事です。

 長崎在住の北斗一家よりジュニアラグビ-チ-ムの応援動員を受けての事であります!
 
 福岡県人でありながら、何故かこの日ばかりは、福岡を敵に回してでも長崎チ-ムを応援する羽目になり、寝返り一家の我が家の姿がここに有ります。

 長男の羅王は大学進学のため、今回の主役は次男のケンシロウと言う事になりますが、その活躍ぶりは、他人の噂では羅王をしのぐ場面もあるとか? 当の応援者はどこが良いやら?マ-ク・・・

 朝方は小雨もパラつき危ぶまれた天候も、時間の経過とともに空模様も機嫌を取り戻したようで、グランドを吹き抜ける風は冷たいものの、陽射しには何とか恵まれてのウエザ-コンディションの中、グランドでは若者達の肉弾戦の熱気は、寒さをも吹き飛ばさんばかり、目を見張るものが有ります。

 勝ち負けは選手諸君に任せておいて、青空のもと、元気とパワ-をイッパイ貰った一日となりました!


e0339960_19444588.jpg
ボ-ルを追っての攻防は真剣勝負さながら・・・
Nikon D7000 ・ TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300


e0339960_19462486.jpg
ボ-ルを持って逃げる者、それを阻止しようと、広いグランドを駆け回り・・・
Nikon D7000 ・ TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300


e0339960_19490217.jpg
必死のタックルに倒れ込み、この後、みんなが覆いかぶさりますが・・・
Nikon D7000 ・ TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300



e0339960_19510625.jpg
広いグランドは若者の熱気で寒さは吹っ飛びます!
Nikon D7000 ・ TAMRON AF ASPHERICAL XR LD IF 28-300












 

 

 

e0339960_17245896.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 仕事はお休み? 仕事と言っても我が仕事はジム通いなり!
お金を払って仕事して・・・・

 と言う事で、一昨日訪れた一億円トイレの有る 道の駅に併設された桜温泉へ今日も行って来ました!

 昨年年末からの肩の痛みがとれずに、ジムもダマシだましで、肩にあまり負担を掛けない様に、その分足腰に時間をかけてと・・・・

 以前は方城温泉など近場の温泉に、ほぼ毎日のように温泉通いをしていた時期もありましたが、先日の温泉に味をしめての久し振りの飛び石温泉通いと言う事です。

 湯上りに、食事は道の駅の物産館で適当に見つくろって、例によって、車内でテレビを見ながら、後はゴロゴロ・・・・

 と、面白い車を発見しました。なにやらイヴェント会場周りをしているとかで、車内にはオ-ナ-のほかは犬一匹とぬいぐるみがイッパイ!

 車にカメラを向けると、近くにいたオ-ナ-さん 自慢げに車についての説明と、イヴェント会場での出来事などいろんな話をし始め、車のナンバ-を見ると北九州とあり、住まいを尋ねてみると何と、近くも近く、我が家から車で15~6分位のところと言う事でした。

 話も一段落したところで分かれ際には、小さな招き猫のぬいぐるみのお土産まで頂きました。招福の招き猫 こりゃ~春から縁起がいい・・・ 

 早速 軽キャンパ-のウィンドウに吸盤を付けてぶら提げました! 今年も安全運転で招福?!


e0339960_18013968.jpg
老後を奉仕の精神で楽しんでると言うオ-ナ-さん いい顔してます
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_18032164.jpg
車内にはワンちゃんとプレゼントらしきぬいぐるみの山!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_18045236.jpg
ハンドル回りもぬいぐるみのデコレ-ション!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_18063317.jpg
ル-フキャリアの上にも・・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70





 

 

 

# by junkboxhiko | 2019-01-14 18:17 | Comments(4)
e0339960_20071785.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70



 ジム通いのノルマはおおむね週4回を目途に通っているHikoさんですが、既に今週は4回達成している事から、久々に温泉にでも行ってみるかの気分となり、急遽、近場の温泉行きと、先日からの車内のテレビ設置場所の変更に伴う、調理場?使い心地を確かめる意図もあり、デイキャンプも兼ねての事・・・・

 近場の温泉付き道の駅となると、必然的に以前、ブログにもUPした一億円トイレの有るあの道の駅がタ-ゲットと言う事になります。

 近場と言う事で、出発はゆっくり目の、10時少し前と言う事で、1時間足らずで現地到着です。

 この道の駅には温泉が併設されていると言う事は先刻承知の上ではありましたが、10年前にオ-プンされたにしては、あまり気にも留めてなかったために、初めての経験でした!

 近くには方丈温泉はじめ上野温泉など、馴染みの温泉が多く存在していた事も、その要因でした。

 家内曰く、今までの温泉の中で一番リラックス出来た云々、そう言えば、土曜日と言う事にも関わらず、混雑も無く、のんびりできて、掃除も行き届いて清潔感も一級品と言った按配でした。

 温泉にゆっくり浸かった後は、直ぐ近くに駐車しているmy軽キャンパ-での車中食。

 テレビを鑑賞しながらの、個室(車中)での食事は誰に気を遣う事なくゆっくりできますが、唯一難があるとしたら、ノンアルで我慢と言う事です。

 まっ、このまま車中泊と言った手も無いではないのですが、今回は、ひと眠り昼寝でもして帰宅と言う事にします。

 次回は夕刻からの予定を組んで、温泉にゆっくり浸かって車中泊と洒落込みたいものです。もちろんアルコ-ルも有ありで・・・・・

e0339960_20510228.jpg
温泉へのアプロ-チ
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_20514168.jpg
さくら温泉へ・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20525353.jpg
温泉に浸かって、車中食はすき焼き定食? テレビは壁面?に張り付きました。(調理スペ-スが広くなりました)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20562550.jpg
道の駅の巨大な門松!はまだ健在でした。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20572548.jpg
1億円トイレの壁面を飾る紅白梅(陶板)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20585877.jpg
24時間開放の洋式トイレはウオシュレット!(車中泊が楽しみです)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70



e0339960_21011518.jpg
巨大門松には願い事を託した沢山の絵馬が・・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70










e0339960_19540384.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 平成最後となる初詣は、何時もは地元の神社と少し足を延ばしでの、三社参りが恒例でしたが、今年はまず地元直方市の多賀神社に参って、今回は何時もより境内をゆっくり散策して、周囲も見て周ると言う念のいれようで、まっ、ここ一社だけでもいいかななどと思いながらの初詣で、気が向けば、宗像あたりまでドライブがてらに行ってみようと、力を抜いての参拝ででした。

 この日はお天気も良く、陽気に誘われて交通安全の神様とされる宗像大社まで足を延ばすことにしました。何時もならば、次は商売繁盛の神様と言われる宮地嶽神社まで周る予定ですが、今回はその宮地嶽をパスして、宗像大社は、一昨年、ユネスコ世界遺産に登録されたとあって、資料館などゆっくり見て周る事にしました。

 で、つまり、二社参りと言う事になりましたが、その二社のおみくじの結果は吉の尻上がりで、最初の多賀神社は末吉、吉はちゃんとついていましたが、末っ子と言う事で、次の宗像大社では、な、なんと大吉君ではありませんか!

 と言う事で、今年も運には恵まれそうですが、油断はできません。裏返しと言う事も有りますので、謙虚に生きるべしとの示唆も含まれている様にも思えます。
 
 当然、初詣にはスナップも付き物で、今回は、撮り鉄も含めて、おめでたそうなのを・・・・

 えっ! 撮りテツがなんでおめでたいかって? 何でもありのジャンクBOXならではで、初詣は何につけてもおめでたいものです!


e0339960_14313906.jpg
宗像大社にて、オトキチ君譲りの古くてもニュ-カ-にお守りを・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_20203218.jpg
多賀神社の境内からすぐ近くのポイントで、福智山を背景に撮りテツと洒落こみました。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20233014.jpg
多賀神社の移動焼き芋やさん
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20283838.jpg
人出の多い宗像大社 整然と並んでの参拝です。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20295105.jpg
新しく造られた参道の雨よけ屋根
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20315835.jpg
世界遺産の沖ノ島(資料館にて)
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20331413.jpg
資料館♂トイレのイラスト
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_20344182.jpg
宗像大社向け、長く連なった車の列・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70













 


e0339960_09463882.jpg

PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

あけましておめでとう御座います。
 本年もどうぞよろしくお願い致します。

   平成三十一年 元旦

from Hiko
\(^o^)/








e0339960_15164576.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 寒くなるとどうしても火が恋しくなります。そこで、忘れかけていた裏のキャンプ場に火を入れてみることにしました。

 火を入れるとタープもと言う事で、丸めておいたBS(ブル-シ-ト)を広げて即席キャンプ場の出来上がり・・・・

 せっかくのたき火ですので、転がっていたやかんに水を入れてお茶にします。

 ついでと言ってはなんですが、焼きおむすびと、残り物のいわしを炙ってのお昼です。正月準備の合間をぬってのつかの間のデイキャンプでした!

 今年最後のブログになりますが、お付き合いいただいた読者の皆様、そして、的を得た仙人さまのコメントを始め、オーバ-シ-からのlapieさんの温かいコメント、はたまた、ロ-カルからはTonoさま、Samuraiさまの励ましの弁や、見て見ぬふりの人もいるようですが、浜の住人ほかクラスメイト各位、などなど多くのコメントをいただいて有難うございました。

 来年もあい変わる事なく、続けたいと思っているところです。

 来年と言っても、すぐそこまでやってきている平成31年、皆様、佳いお年をお迎えください。 from Hikoさん・・・・・


e0339960_15563690.jpg
タ-プを張って椅子を置くとキャンプの雰囲気が出てきます。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_15581917.jpg
お昼は焼きおにぎりとイワシを炙って・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_15593525.jpg
ニャンニャンもキャンプの仲間入り?
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70




 

e0339960_11284733.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


  今季最大の寒波が日本列島を襲撃!?、平成最後の正月を前にして北日本は大荒れの様です。

 比較的温暖な北九州にしても、昨日 今日と、日中になっても気温は上がらず、昨夜降ったとみられる雪がうっすらと残っています。

 初雪と言っていいかどうか微妙な雪ではありますが、北国に比べると鼻くそ程度の雪であります。

 ブログネタに事欠いてこんなことまで取り上げてしまいました!

 まっ、そんなわけで、早朝散歩とはいっても夜明け散歩?で、慌ててカメラを取りに戻って、再散歩?のスナップ!! 

 
e0339960_11464164.jpg
田舎にしては珍しい車もうっすらと雪化粧・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_11481237.jpg
雪雲は既に遠のいていますが、さむい!!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_11493833.jpg
団地のしゃれた物置の屋根にも・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_11504536.jpg
 メインのアンテナを下された電波塔も寒々しく立っています。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_11523796.jpg
郵便受けに貼られたステッカ-が朽ちて雪だるまに見えてきました。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70









e0339960_15495408.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 予てより試作中の地デジアンテナ、第1作はアマ無線のアンテナのジャンクに少しばかり手を入れたもので、これはこれで北九州地区の全チャンネルをカバ-していましたが、面白いアンテナを作ってみようと試みたのが、第2作目のアマチュア無線家が考案したと言う1/2λのヘンテナと言う不思議なアンテナでした。

 これは、長辺が1/2λ(波長)で短辺が1/6λ(波長)の長方形で、給電点は長辺の1/6λあたりと言う事でしたが、長辺を2/3λにして、給電点を長辺の中央と言う様なアンテナの提案がある様で、その2/3λ ヘンテナの試作をしてみる事にしました。

 どうやら、同じ周波数を受信するにしても、エレメントの長さが長いほうが有利と言う説のようです。

 地デジに割り当てられている周波数は 13チャンネル(473MHz) ~ 52チャンネル(707MHz)と、かなり帯域は広く、アンテナの製作においては、全域をカバ-するにはどのあたりに的を絞るか悩むところです。

 各地域で、発信されているチャンネルはまちまちであるが為に、テレビを車に積んで移動するとなると、広帯域のアンテナが必要と言うこ事になります。

 そこでHikoさんが考えたのが、15チャンネル(485MHz)用と40チャンネル(635MHz)用の2通りの長方形を90度クロスさせたものは如何なものかと・・・

 つまり、ロ-チャンネル用、ハイチャンネル用の組み合わせで、なんとか全てのチャンネル(周波数)をカバ-しようと言う作戦です。

 この長方形ル-プアンテナには少しばかりの指向性があり、アンテナ自体を少し回転させることによって、テレビの映りにも影響しますので、映りが悪い場合は、アンテナを少し回転させてみるなど、その都度ロケ-ションによって臨機応変?で対応してみると言う考え方です。

 自宅周辺でのテストの結果はおおむね良好ですが、移動先のロケ-ションでは地形などにも影響があり、使い物になるか否かは旅先でのテスト待ちと言ったところです。

 
e0339960_16505558.jpg
A3の用紙に実物大の図面を起こしてみました
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16525423.jpg
エレメントの材料は古い電線です。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_16535326.jpg
電線の被覆をはがして実物大図面の型紙どおりに曲げて・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_17392039.jpg
二通りの長方形をクロスして、給電点は真ん中です。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_17405979.jpg
2作目の1/2λヘンテナと新型2/3λヘンテナの比較
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_17033796.jpg
アンテナの地上高は2mに設定しました。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70







 

e0339960_19174451.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 まさに地球温暖化の悪戯としか思えない気象状況が起こっています。

 師走の声を聴きながらも、冬の気温とは程遠い暖かな日が北九州にも訪れました!

 寒がりのHikoさんにとっては都合のいい温暖化ではありますが、物には限度と言う事も有ります。

 日課のジム通いには寒さを懸念しながらのTシャツ姿でしたが、なんと何と! Tシャツでありながら約1時間ほどの軽いトレ-ニングを終える頃にはTシャツは汗でシットリ、着替えを余儀なくされる程です。

 変わりやすい秋の空と言いながらも、季節は既に冬を指しているのですが、降っているかと思えば雲間からお天道様が顔を出したり・・・

 雨雲も、降らそうか 降らすのよそうかなと迷っている様子です・・・・

 晩秋?それとも初冬? そんなバnカらしい! 変な日の一コマ!!


e0339960_19361088.jpg
雨雲も、降らせようか降らすのよそうかなと迷っています
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_19390076.jpg
ソメイヨシノの残紅葉
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70






 


e0339960_12064130.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 車中泊の際に車の中でテレビを見ようと24型テレビを衝動買いしてしまった事は先日のブログで先刻ご承知?!

 アンテナはアマ無線の時に使っていたジャンクのアンテナを改造して、これはこれで良く映っていましたが、ちょっと変わったアンテナを作ってみようと思い立ち、今回第2作目となったのが、こんな変なアンテナでした!

 ヒントは、九重で車中泊をした際にチョット見かけた変なアンテナでした!

 その持ち主に尋ねてみると、他人から作ってもらったもので、詳しい事はわからないとの事で、家に戻ってからもそのアンテナの事が妙に気になり、インタ-ネット検索したところ、それらしきものが見つかり、ダメモトと言う気で、図面を頼りに作って見る事にしました。

 有り合わせの材料でと言う事で、エレメントの部分は、ひと昔前まで使われていた、電気の引き込み線、これは2本の銅線が平行に被覆された格好で使用されていて、家を建て替える際に使用済みとなった電線が、物置の片隅に有ったのを覚えていました。

 ポールの部分は庭の片隅に転がっていた水道の塩ビパイプを白色に塗装して・・・

 最初の試作品は電線2本平行被覆の物を1本に割いて、被覆を剥ぐのが面倒なので被覆が被ったまま作って見ました。

 結果は思っていた以上に良好なようで、本番はアンテナらしく被覆を剥いで同じ寸法で再挑戦です。

 第1作目はGP(グランドプレ-ン)で無指向性だったのに対して、2作目の方は、ループ系に属しており、幾分指向性があると言う事で、2組のル-プを90度組み合わせるという方式。

 それでも多少の指向性は残っており、アンテナの向きを少し変えると微弱な電波を拾う事が出来るようです。

 今回UPした写真の分は固定型になっていますが、現在はポ-ルの中間に継手を入れて、多少回転可能と言うように改造しています。

 第1作目のGPアンテナの給電点とほぼ同じ高さに設定した2作目のル-プの性能はと言うと、これは、性質は多少違っていますが、ドングリの背比べと言ったところでしょうか?

 見た目では第2作目の方がチョット目立ってナニコレ?といった感も否めませんが、暫く使ってみようと思っております。


e0339960_13180115.jpg
ポ-ルも白に塗装してチョット目立ってますが・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 

 



# by junkboxhiko | 2018-11-26 13:33 | Comments(2)
e0339960_15464181.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

 先日の九重での車中泊の際に夕食後の過ごし方で、時間を持て余し、寝るには早すぎる時間帯に早々と寝てしまった事から、食後のくつろぎ時間を設けるべく、車内にテレビでも設置してみようと思い立ち、家電屋さんを訪れてみました。

 この日は下見の積りだったのが、お手頃価格のテレビを見つけて衝動買いしてしまいました。狭い車内に設置するには少々大きいかなと思いながらも、24型(我が家のパソコンモニタ-と同じ位)地デジ・BSチュ-ナ-内蔵テレビを持ち帰って、初期設定は自宅の受信アンテナで行いましたが、あいにく車に搭載するようなアンテナの持ち合わせは無く、自作するしかないと、地デジアンテナの試作と言う事になりました!

 一番簡単で効率の良いアンテナはと思考を巡らし、UHF帯のアンテナであれば良いんじゃなかろうかと想いつつ、ネットの知恵も借りて、地デジはエレメントの長さは12~15Cm位との情報を頂いて、以前使用していた、アマ無線用のアロ-ライン(144Mh帯)のジャンクに目を付けて、エレメントと下に垂れ下がったラジアル?の長さを共に14Cm位に切り詰めて、ケ-ブルは5D2Vで50Ωだったのを取り外して、3CFBの75Ωをホムセンタ-で5mほど調達してきました。

 ケーブルが細くなった分 工作は難航しましたが、なんとか繋いで、ポ-ルの部分は水道用の塩ビパイプを利用して・・・・

 ケーブルは大きい方がロスが無いに決まっていますが、なぜ細目にしたかと言うと、車内に引き込む時の事を考えての事でしたが、今考えると少し太めの4CFB位でも良かったかな?との思いもあります。

 さて、アロ-ライン改造地デジアンテナの写りや如何に・・・
UPした画像を見て頂ければおわかりかと思いますが、思いのほかバッチリ!!

 我が家の庭先でのテストでは、家で受信出来ている局は全てクリア-しています。無調整一発勝負でしたが、当りでした!!

  えっ! 走行中にテレビがひっくり返らないかって?・・・
転倒対策は、マジックテ-プ、ステンワイヤ-、紐などを使って半固定で、2日間の走行テストの結果、大丈夫でした。

 それより気になるのがポ-タブルバッテリ-の容量で、2時間位頑張ってくれれば、いいんですが・・・


e0339960_16595586.jpg
幸いバックミラ-のステ-に結束バンドで難なく取り付けられました。ケ-ブル引き込みはドア-の隙間から・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_17022287.jpg
画像の写りはこの通り、トランプさんが毒舌をまくし立てています!
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_17043683.jpg
最初はテ-ブルに直置きでしたが、車中泊の事を考えて、足を延ばせるようにと、
サブテ-ブルで嵩上げしました。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70

e0339960_17065190.jpg
ここでもトランプ! やっぱり画面が大きいと見映えがします。
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_17091521.jpg
アンテナの先端部分をUP 塩ビ水道管の継ぎ手とパイプを組み合わせて・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70










e0339960_19210058.jpg
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


 会員制の久住のホテルからメ-ルが入り、日にち限定、お客も限定サ-ビスプランと言うやつに早速予約して、1泊のみはその予約のホテルで、人並みに温泉付きディナ-を頂き、折角九重まで足を運ぶと言う事で、行く途中には紅葉狩りを兼ねて、耶馬渓に居を構える友人宅にも立ち寄って旧交を温めて・・・・

 肝心の紅葉は少しばかり早めでしたが、それなりに風情を感じて、予約のホテルをチェックアウトの後は自由気ままなドライブと、この時季訪れたことのない男池辺りのブナの原生林を散策して、この日は長者原駐車場で、久々の車中泊と洒落込みました!

 標高の高い九重の事、予想に違わず夜間の冷え込みは0度以下まで下がりましたが、寒さ対策は万全? 夜空には普段は観れない大きな星がまたたいていました。

 恒例のミヤマキリシマ登山は行事が重なり行けずじまい、夏のキャンプも酷暑で見送り、やっと訪れた今年の九重は秋景色・・・


e0339960_19422033.jpg
ケヤキの大木
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_19430558.jpg
根元はタコが長い脚で大きな岩を抱きかかえたような・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_19445591.jpg
男池の湧水
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_19454080.jpg
湧水からの流れ・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_19470591.jpg
南半球(オーストラリア)からのお客さんも・・・
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_19485883.jpg
秋のタデバル湿原
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70


e0339960_19494052.jpg
秋の九重高原
PENTAX K-5 ・ SIGMA DC 17-70